千倍王鷹虎蝗合成獣~紫竜眼~

ミレニアム『仮面ライダー』シリーズについて語ります。ブログ名は「オーズタトバコンボ~パープルアイ~」と読んでください。

ブログの更新を再開します。

 ブログの更新を再開します。

 再開する必要は唯一つ。かつて以下の三記事をUPしたのだが、

『ドライブ』最終話感想(+脱三条陸論) - 千倍王鷹虎蝗合成獣

総括!『仮面ライダーエグゼイド』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

最後の平成『仮面ライダー』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

 『ゼロワン』のスタッフが『エグゼイド』の大森敬仁&高橋悠也であり、『ジオウ』で『ドライブ』が優遇されていたからである。

 これらが意味することは、白倉伸一郎は大森敬仁を評価している、ということである。

 白倉伸一郎は令和『仮面ライダー』一作目を大森敬仁に任せるために、自ら平成最終作品を手掛けたのだ。

 ということは、俺が今まで書いてきたことって何だったの!?トホホそりゃないよ~!

 きっと今頃、SNSには「やっぱし『エグゼイド』は平成二期の『電王』!」とか「ざまあ見ろ!病気はお前だセバオーズ!」とか書き込まれているに違いない…!

 ちくしょう……!!!ちくしょおおお―――っ!!!!

 というわけで、ブログの更新を再開することにしました。何となく、今までの読者が「おいおい、どういうことだよセバオーズ!?」と思っていそうなので、説明責任があると勝手に思ったのです。

 そして何より、令和『仮面ライダー』一作目で、大森敬仁&高橋悠也がどんな<取捨選択>をするのか?単純に興味が湧いてきたのです。…でも、前情報を見る限りもう一回『エグゼイド』的なことをやりそうな予感がするなぁ…!

 ブログ名もちょこっと変えました。『千倍王鷹虎蝗合成獣~紫竜眼~』(オーズタトバコンボ~パープルアイ~)と読んでください。

 何年続けるかはわかりませんが(オイ)。というわけで、ブレブイン!(←それはキョウリュウジャー!)

[了]

※令和の「はじめに」は執筆中です。