千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『キバ』第34・35話感想

仮面ライダーキバ』の感想です。以下、ネタバレ注意。

[2008年09月28日]第34話「ノイズ・破壊の旋律」
[2008年10月05日]第35話「ニューアレンジ・飛翔のバラ」
(脚本:井上敏樹、監督:長石多可男

【前回】『キバ』第32・33話感想 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【次回】『キバ』第36・37話感想 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

■キバ飛翔態?そんなことより…

f:id:sebaOOO:20180519185020j:plain

 に…仁良課長!?仁良課長じゃあないか!

 そういえば、『ドライブ』放送当時(各話感想記事執筆時)、読者から「仁良光秀役の飯田基祐(いいだきすけ)氏は、『キバ』の神田博士役として出演されていましたよね」というコメントをいただいたのだけど、全然気が付かなかったのよね…!思い出すのにも超!時間がかかった。というのも、そう、『キバ』の「第34・35話」自体が印象に残っていなかったのだ。そうか、仁良課長(否、神田博士)は「キバ飛翔態」お披露目回に登場していたのか…!神田博士は元「素晴らしき青空の会」のメンバーで、ホースフライ(虻)ファンガイアに別のファンガイアの能力を移植し、最強の生物兵器を作ることで「新世界の神になる!」(←少し違う)というキャラクターなんだけど、単発ゲストとしてすぐに退場したね…!『ドライブ』だとそのネタ(ハート(怪人)は蛮野天十郎(人間)に虐げられていた!)で終盤(悪いのは人間!ロイミュードは悪くない!)まで引っ張ったというのに…。…まぁその後、太牙で似たような話(嶋護に育てられたが、忌み嫌われていた)をやるけどね。

f:id:sebaOOO:20180519185131j:plain

 「キバ飛翔態」も物凄く唐突なのよな…!というか、『キバ』のCG戦は基本的に<唐突>。何の脈絡も無く突然「やる」からな…!「販促?したけりゃ勝手に戦闘シーンに入れろ!」(by敏鬼)ということなんだと思う(笑)。サガの眷属、「ククルカン」(元ネタはマヤ神話の蛇神)とかいたな~!まぁ、

音也「人間はみんな、心に音楽を奏でている。俺はその音楽を、守りたい。」

渡「僕は僕の音楽を見つけたい。そうすれば、もっと強くなれると思うから。そして、僕の音楽でみんなを幸せにしたい。」

という、紅音也&渡の<祈り>がブラッディローズに込められるという、イイハナシではあるのだけれど、あらためて見直しても今一印象に残らなかったので、今回はこの辺で(短ッ!)。あと、カットシーンの紹介もカットします。

[了]

※はじめましての方はこちらをご一読ください。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp