千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『仮面ライダービルド』序盤評

 『ビルド』の年内(2017年分)放送が終わったので、序盤評をば。第01話「ベストマッチな奴ら」から、第16話「兵器のヒーロー」までの所感です。

■『ビルド』感想をやめたワケ

 『ビルド』感想をやめてしまい、(楽しみにしていた人がいらしたら)すみません!

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

 というわけで、お詫びがてら(?)、何故『ビルド』感想をやめたのか、先ずはその理由を3つ上げる(説明する)ことにします。

(その1)枠・の・移・動

 スーパーヒーロータイム「10月01日(日)からおひっこし!」した(してしまった)。『ビルド』は第04話までは(というか、平成『仮面ライダー』シリーズは)「08:00~08:30」に放送されていたが、第05話からは「09:00~09:30」に時間が変更になった(させられてしまった)。そうなると、今までの定石が使えなくなってしまうというか、<枠の移動>によって、玩具の売上やテレビの視聴率、劇場版の興行収入が上がるのか下がるのか?が、全く予測できなくなってしまったのである(今までは、ある程度は出来た)。で、そんな状況下で、例えば「裏番組が『DRAGONBALL超』になったので、テレビの視聴率は下がるだろう」とか書いて、予想に反して上がってしまったら、なんか恥ずかしいじゃあないですか(笑)。あと、私の目には『ビルド』のフォームチェンジは全く魅力的に映らないけど、どうも、風の噂によると玩具の売れ行きは良い(初動が『鎧武』並み)そうなので、そうなると、仮に私が戦闘シーンを批判したとして、それは的外れになってしまうので、ある程度データ(数字)が出るまで、「迂闊なことは書けないな」と、自粛(?)していたのです。

(その2)相・関・関・係

 『ビルド』はキャラクターの<相関関係>が目まぐるしく変わる。年内(2017年分)放送終了時点では↓こんな感じか。

桐生戦兎(きりゅう・せんと)
⇒実は、ツナ義ーズの佐藤太郎の顔をした、悪魔の天才科学者葛城巧だったんだよ!
滝川紗羽(たきがわ・さわ)
⇒実は、難波重工の密偵だったんだよ!
石動美空(いするぎ・みそら)
⇒実は、ネットアイドルのみーたんだったんだよ!
石動惣一(いするぎ・そういち)
⇒実は、スカイウォールの惨劇を引き起こした極プロジェクトの宇宙飛行士かつ、ファウストのブラッドスタークだったんだよ!
内海成彰(うつみ・なりあき)東都政府首相補佐官「兼」東都先端物質学研究所所長
⇒死んだよ!
氷室幻徳(ひむろ・げんとく)
⇒実は、ファウストのナイトローグだったんだよ!

 で、『ビルド』は誰かから「実は○○の正体は××だったんだよ!」というタレコミがあって、主人公達が「な、なんだってー!ΩΩΩ」となる展開(オチ)が非常に多いので、その…なんだ、それだけだと感想を書き難いのよな…!だって、劇中で発覚した事実を徒然なるままに書き連ねていっても面白くないというか、「見れば分かる」ことを記事に書いてもしょーがないじゃあないですか…!あと、例えば「十年前にパンドラボックスを触った男は誰なんだ!?」という謎の解答を予想して、それが外れたら恰好悪いので(笑)、「予想するのはよそう!」(←つまんね~!)と、沈黙を貫いていた(?)のです。

(その3)つ・ま・ら・ん

 「放送時間が変更になった」=「枠の存続(消滅)の危機」なので、本当は『ビルド』を応援しないといけないんですよ!批判するより称賛した方が良いんですよ!だがしかし、自分の気持ちに嘘はつけん…!

 正直、『ビルド』はつまらん…!

 こう書くと、大多数の大友が「『ウィザード』や『ゴースト』の方がツマラナイ!」と言うのだろうが、最初(3番目の項目なので最早“最初”ではないが)に言っておくと、

 やれ「脚本が複雑」だの「人が沢山死ぬ」だの「謎・伏線が多い」だの「設定が凝っている」だの、そんなものは私の中で一切評価ポイントに入らない(加点されない)。そんなものでキャッキャキャッキャ喜ぶ(有り難がる)のは大友だけで、そんなものは徒(いたずら)に新規ファンを取り逃がすだけだ。

 何故「そう言い切れるのか?」の理由は、以下の過去記事を参照されたし。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

 私が、平成『仮面ライダー』シリーズで重視しているのは、<差分(プラスα)>が在るかどうかである。

 その究極(アルティメット)な例がクウガであろう。昭和の『仮面ライダー』と大量の<差分(プラスα)>があったからこそ、視聴者の固定観念(ステレオタイプな「仮面ライダー」像)を破壊できたのだ。

 新『仮面ライダー』を企画する際に、僕がスタッフに求めたことは3つだけでした。それはまず、敵にヒエラルキー、序列を付けないということです。大げさなボスなんか、見たくもないと。そして、キーキー言う兵隊もいらない。同じことをやっていると思われちゃうから。そして最後に、これが一番重要なんですが、怪奇ものじゃないので手術はしないようにしてもらいました。手術をすると、どうしても以前の「匂い」がしてしまいますから。それらを踏まえて、リアリティのある作品作りを目指したんです。『クウガ』が始まって間もなく、JAC(現・JAE)の方の結婚式に出席したときです。かつて『ライダー』を作っていらした先輩方から、あんなのライダーじゃないときついお叱りを受けたんです。そのときに、成功したと思いましたね(笑)。かつての『ライダー』と変えることが狙いだったんですから。
鈴木武幸『仮面ライダー 平成 vol.1 仮面ライダークウガ』より)

 私が『ゴースト』を評価しているのは「平成二期」の中で<差分(プラスα)>が在ったからである。なんか、最近『ゴースト』は一から十まで全てが悪いと見做されている感があるので当時の「序盤評」を貼っておくことにする。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

 <差分(プラスα)>とは、変化(change)であり、挑戦(challenge)であり、拘り(cleave to)である。それが有るものは<オモシロイ>、それが無いものは<ツマラナイ>。私は、そういう見方をする。

 最悪なのが、旧作(過去の名作)の<猿真似>で制作された作品で、具体的に言うと『鎧武』&『ドライブ』だ。何故かと言うと、猿真似で作られると<縮小再生産>品にしかならないので、旧(名)作と引き算すると、文字通り<マイナス>にしかならないのだ。

※関連記事です。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

f:id:sebaOOO:20171229202741j:plain

 で、『ビルド』はどうなのか?というと、玩具(戦闘シーン)は「平成二期初期」<猿真似>(縮小再生産)よな…!

※関連記事です。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

 『W』のハーフチェンジの、ソウルサイド(右半身)を<有機物>(『OOO』のヘッド・アーム・レッグ)に、ボディサイド(左半身)を<無機物>(『フォーゼ』のモジュール)にしたってか?結局、ベストマッチは何故“Best Match”なのか?の説得力は無い(ダブルもそこまで強調されなかったけど、サイクロンメタルは風の速さが鋼の重さで活かせなくなる(殺される)とか、サイクロントリガーは弾速は上がるが威力は下がるとか、そういう話(掛け合い)自体は在った)し、かと言って『OOO』のコンボほどの特別(スロットが揃った)感も無い。正に、ヒット作の要素を<掛け算>ではなく<足し算>で組み合わせてしまった典型だ。

 ヒット作は分解して各要素を探っていくと、掛け合わせに秘密があるケースがほとんどです。もともとギャップがあるものを掛け合わせるほど、その効果は大きくなります。(中略)掛け算であることが大事です。真似してよく失敗するパターンは、足し算で組み合わせてしまい、「木に竹を接いだ」ような不自然な仕上がりになってしまうケースです。
(梶淳『アイデアにセンスはいらない』より)

f:id:sebaOOO:20171229202938j:plain

 では『ビルド』の<差分(プラスα)>(オリジナリティ)は何なのか?というと「スカイウォールの惨劇」なんだけど、東都以外(西都と北都)の話がガバガバ過ぎない!?

 というわけで、私が『ビルド』感想をやめた原因である、第07・08話の感想を書こうと思います。…「これって序盤評ではないのでは?」という突っ込みは受け付けません!これは序盤評なんです!

■『ビルド』第07・08話感想

[2017年10月15日]第07話「悪魔のサイエンティスト」
[2017年10月29日]第08話「メモリーが語りはじめる」
(脚本:武藤将吾、監督:中澤祥次郎)

※なお、第07・08話より後の回は未視聴という体(てい)で書いております。

(その1)桐生戦兎

f:id:sebaOOO:20171229203040j:plain

 全ッ然「天才物理学者」に見えねぇ…!

 そもそも「物理学者」ってイメージ湧き難いよね。実際、スタッフもイメージ湧いていないと思う。戦闘(変身)前に戦兎の周りに(謎の)数式が飛んだり、戦闘中(変身後)にビルドの必殺技発動時に数式が表示されるぐらいでしょ、物理要素って。「物理=数式」とか発想が貧困過ぎるだろ…!更に、戦兎は道具(ビルドドライバー、ビルドフォン)や武器(ドリルクラッシャー、ホークガトリンガー、4コマ忍法刀)も自作するので、「発明家」というイメージの方が強いのよな…!また、「科学!」「科学!」言うこともあるので、「科学者なのか物理学者なのかハッキリせい!」と言いたくなる…!そして、第07話では「天才」を強調するためにアナグラムを使用したんだろうけど、発想が貧困過ぎるだろ…!「作者は自分より頭の良いキャラを作れない」とはよく言ったもんだね。

(その2)北都①

f:id:sebaOOO:20171229203154j:plain

 脱北者のオヤジ(妻子連れ)が可哀想…!

f:id:sebaOOO:20171229203211j:plain

 ネットアイドル(みーたん)のファンからのカンパに(所持金が)負けるだなんて…!美空はどんだけ荒稼ぎしたんだ…?(札束だよ?札束!)それにしても、石動親子はファウストに追われているのに、何故に惣一は喫茶店のマスターなんかやって、美空はネットアイドルなんかやっているんだ…?「俺は(私は)ここにいるぞ!」と言っているようなものやん…!…うん、きっとブラッドスタークがわざと泳がせているんだよね。美空の「浄化」の力はメンタルに左右されるから、戦兎に仮面ライダー(正義のヒーロー)として戦わせることで、フルボトルを生み出すモチベーションを高めようという、策略なんだろうね。平成『仮面ライダー』は大人の視聴に耐えうる作品!行間を読む力が必要不可欠なんだよね。アハハ…!

(その3)スマッシュ①

 『ビルド』の怪人、スマッシュは「身体の弱い人間(ハザードレベル1)はガスを注入した時点で死ぬ。成分を抜き取れば肉体も消滅する」という設定がある。要するに、人間が「アイテムで」怪人に変身するという設定だけだと、まんま『W』のドーパント(もしくは『フォーゼ』のゾディアーツ)になってしまうので、差異化を図るべくそういう(「死ぬ」こともあるという)設定を入れたんだろうけど、

f:id:sebaOOO:20171229203354j:plain

 龍我の恋人、香澄は子供より弱かったようですね…!

 それにしても、(変身した人間が)「死ぬ」こともあるのだから、スマッシュから成分を抜き取る際は慎重にならざるをえない(なるべきな)はずなのに、けっこう躊躇いなく抜くよね、戦兎…!…うん、きっと戦兎は天才だから、(成分を)取っても大丈夫か否か瞬時に判断できるんだろうね!もしくは、ブラッドスタークが死なない程度に子供(ゲスト)をスマッシュ化させたんだろうね!平成『仮面ライダー』は大人の視聴に耐えうる作品!行間を読む力が必要不可欠なんだよね。アハハ…!

(その4)北都②

f:id:sebaOOO:20171229203452j:plain

 葛城巧母、普通に北都から東都に行けるんかい!?

f:id:sebaOOO:20171229203509j:plain

 だって北都って物凄く物騒な国ですよ?警察(っぽい男達)が長銃を構えているもの!にもかかわらず、葛城巧母の車のトランク(中には戦兎と龍我が入っている)を確認しないで通しちゃうなんて…!…うん、きっと葛城巧母は善行を積んでいる(子供達に勉強を教えていたし)ので、簡単な手続きのみで通行できたんだね!もしくは、ブラッドスタークが裏で手を回していたんだろうね!平成『仮面ライダー』は大人の視聴に耐えうる作品!行間を読む力が必要不可欠なんだよね。アハハ…!

(その5)スマッシュ②

 『ビルド』の怪人、スマッシュは「変身した人間の記憶が喪失する」という設定がある。要するに、人間が「アイテムで」怪人に変身するという設定だけだと、まんま『W』のドーパント(もしくは『フォーゼ』のゾディアーツ)になってしまうので、差異化を図るべくそういう(「記憶喪失」する)設定を入れたんだろうけど、

f:id:sebaOOO:20171229203630j:plain

 葛城巧母、物覚えが良かったですね…!

 データの場所(難波重工総合科学研究所)はちゃんと覚えていたよ!?というか、スマッシュ化による「記憶喪失」ってけっこうムラがあるよね…!鍋島もパンドラボックスに反応していたし、ツナ義ーズの子分(岸田立弥)なんて二回もスマッシュ化したのに「9月5日(兄貴が新薬のバイトに行って消えた日)」のことを覚えていたし、紗羽さんなんてほとんど喪失していないんじゃあない?記憶。…うん、きっとスマッシュ化による記憶喪失は数時間くらいで、長時間消去するのはブラッドスタークの特殊能力なんだね!平成『仮面ライダー』は大人の視聴に耐えうる作品!行間を読む力が必要不可欠なんだよね。アハハ…!

 アハハ…。…って、いつまでも大目に見てられんぞこちとらァ!

■「全部俺のせいだ!」(byブラッドスターク)

 世の平成『仮面ライダー』ファンに問うが、今まで平成『仮面ライダー』を未視聴だった大人(一般人)に『ビルド』を見せて、毎週見続けてくれると思いますか?自分は、見てもらえないと思う。だってガバガバだもんね。一応、販促重視じゃあなく、ストーリー重視な作品なのにだよ!?作品の粗を好意的に(都合良く)解釈して見られるのは、昔からのファンだけだ。まぁ「東都」メインの話「だけ」ならまだ見られるけど、それだとただの『W』+『アギト』の<猿真似>(縮小再生産)なわけでね。というか、

f:id:sebaOOO:20171229203819j:plain

 ブラッドスターク、<ナンデモアリ>過ぎるだろ…!

 『鎧武』の戦極凌馬や『ビルド』の檀黎斗だってここまで<ナンデモアリ>ではなかった(気がする)ぞ…?人間の顔を変えられる&人間の記憶を消せる「火星の力」なんてもうやりたい放題だよね。年明け以降も「実はブラッドスタークのせいだったんだよ!」な展開のオンパレードになったら嫌だなぁ…!

 以上、『ビルド』序盤評でした。もう、<オモシロイ><ツマラナイ>どんな感想でも良いので、色々なコメントを書き込んでおくれ!!

[了]

※はじめましての方はこちらをご一読ください。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp