千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『エグゼイド』感想:第43話「白衣のlicense」

仮面ライダーエグゼイド』の感想です。以下、ネタバレ注意。

第43話「白衣のlicense」(脚本:高橋悠也、監督:中澤祥次郎)

【前回】『エグゼイド』感想:第42話「God降臨!」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【次回】『エグゼイド』感想:第44話「最期のsmile」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

 『エグゼイド』も最終章(第43~45話)に突入。4クール目(第37~42話)の所感(終盤評)をUPしたので、宜しければそちらもどうぞ。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

※関連記事です。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

■第35~42話の突っ込み所

 どんな作品にも<粗(アラ)>がある。このブログではその中でも「“筋”が通ってないんじゃあないの?」という点に対して突っ込んでいる(つもりな)のだが、それにつけても『エグゼイド』後半(特に、「第32話」以降)は突っ込み所が満載のため、第35~42話の「それ」を改めて見ていくことにする。

【第35話】正宗よ、なぜ報酬としてプロトガシャットを渡す!?

f:id:sebaOOO:20170815174258j:plain

 「プロトガシャット」にはゲーム病による消滅者のデータが入ってるのよね?それをよく報酬にできるな…!(劇中では、プロト『ジェットコンバット』とプロト『ギリギリチャンバラ』を渡している)そういえば、飛彩は「小姫」で釣れるのは解かるけど、貴利矢はどうやって口説いたんだ…?彼の友人、「淳吾」の死因はゲーム病でなく事故だし。まさか、「復活させた恩に報いろ!」だけで言うことを聞くと思ってた、な~んてことはないよな…?(でも、洗脳(プログラミング)してなかったし、マジで有り得るかも…!)まぁ、消滅者のデータは「マスターガシャット」でロック(管理)されているという設定が(第37話で)追加されたけど。

【第36話】正宗よ、なぜ報酬としてハイパームテキを与える!?

f:id:sebaOOO:20170815174354j:plain

 「ハイパームテキガシャット」はエグゼイド以外の仮面ライダーも(十秒間だけ)ムテキ状態になれるので、「永夢は使いこなせてなかったし、貴利矢をパワーアップさせたろ!フフ~ン♪」とか考えてたのかもしれんが、真に「リスク管理」するなら破壊しとこうぜ…!以後、正宗はハイパームテキゲーマーに苦しめられるのであった。まぁ、「ハイパームテキさえ…いなければー!」と、アナザーワンバイツァダスト(吉良吉影)よろしく、正宗にリセット(ゲーム時間をぶっ飛ばす(巻き戻す))の能力が(第40話で)追加されたけど。

【第37話】大我よ、なぜ解除後再変身せずに生身で特攻する!?

f:id:sebaOOO:20170815174508j:plain

 テレビ朝日の公式サイトによると、グレングラファイト(レベル99)の総合戦闘力は、ダークグラファイト(レベル)の約20倍とのこと。グラファイトのカタログスペックは不明だが、致命傷で済んだ(死ななかった)大我が強いのか、殺せなかった(死なせられなかった)グラファイトが弱いのか…?何にせよ、カタログスペックには何の意味も無いということですね。

【参考】スナイプのパンチ&キック力
・レベル1:パンチ力:07.7t、キック力:11.5t
・レベル2:パンチ力:06.6t、キック力:11.9t
・レベル3:パンチ力:14.0t、キック力:15.4t
・レベル5:パンチ力:18.2t、キック力:24.4t
・レベル50:パンチ力:60.6t、キック力:70.7t

【第38話】永夢よ、なぜ研修医なのに大我の手術に立ち会う!?

f:id:sebaOOO:20170815174603j:plain

 研修医如きに何ができる!?(by飛彩)あと、永夢は今、「内科」の研修医だったはずでは…?(外科研修医だったのは2クール目だけ)クロノスに対抗できるのはエグゼイド「ハイパームテキ」ゲーマーだけなんだから、貴利矢&新黎斗が戦うよりよっぽど効率的だと思うんだがなぁ…?人間には、向き不向き(出来不出来)があるんですよ!新黎斗のライフも70くらいまで減っちゃうし(その後、戻ったり(第41話)減ったり(第42話)するけど、それは後述)。あと、飛彩が大我に施術したのは「心嚢ドレナージ術」及び「上行大動脈人工血管置換術」というものだけど、一朝一夕で退院できる(完治する)もんなのか…?劇中でどのくらい時間が経ってるかは不明だが、第40話くらいにはもうピンピンしてるよね大我…!

【第39話】永夢よ、なぜ仲間にパラドの件の真相を言わない!?

f:id:sebaOOO:20170815174648j:plain

 第35・36話(貴利矢の「自分の嘘に乗れ!」)は「一芝居打たせてもらったぜ!」でまだ納得できるけど、第39・40話は「敵を騙すには先ず味方から」をする必要性は皆無だよね…?そのせいで他のCRの面々(飛彩、大我、貴利矢)はゲーマドライバーを奪われるし、ニコちゃんがゲムデウスウイルスで苦しむ時間は長引く(最悪、消滅する可能性(危険性)もあった)し、メリット無しだったと思うのだが…!まぁ、正宗に(第40話で)リセットされて、前述のデメリットはみんな「無かった」ことになるんだけど。

【第40話】正宗よ、なぜベルトを奪うだけで止めを刺さない!?

f:id:sebaOOO:20170815174731j:plain

 これに関してはこんなコメントがあったけど、CRの仮面ライダー達に商品価値があったのは第36話までで、第37話では正宗が飛彩に「永夢(orパラド)を絶版にしろ~!さもなくば小姫の命はないぞ~!」と脅しているし、第38話では「手術中に大我を殺せ~!」とまで迫っているので、第40話では彼ら(飛彩、大我、貴利矢、新黎斗)を生かしておく必要性はこれまた皆無なのよね(そういえば、仮面ライダーは『クロニクル』におけるレアキャラ」は死に設定と化したね…!)。

 今まで舐めプをしていたのはドクターライダー達も彼にとってはあくまで大事な商品(クロニクルにおけるレアキャラ)なので出来る限りは壊したくないという思いが働いていたんじゃないかと私は解釈してます。

 第40話でサブライダー達の息の根を止めなかったせいで、(第41話で)新黎斗にセーブ機能を搭載した「ハイパームテキ」を作られるし、(第42話で)貴利矢&新黎斗に『ドクターマイティXX』を作られるし、(第43話で)トリプルライダー(エグゼイド×ブレイブ×スナイプ)キックを食らうし、正宗は「舐めプ」はよくない!ということを教えてくれるキャラクターですね~!(すっとぼけ)

【第41話】飛彩&大我&ニコよ、なぜゲムデウスを呼び出す!?

f:id:sebaOOO:20170815174832j:plain

 「クロノスの(マスター)ガシャットを破壊すれば『クロニクル』が強制終了して患者のゲーム病が治る」と新黎斗が言ってたじゃあないですかー!まぁ、(第42話で)正宗がゲムデウスの思考ルーチンを書き換えていた(イコール、不測の事態だったため、飛彩&大我&ニコちゃんは悪くない!)という設定が追加されたけど。と、ここまでは第42話の感想記事と同じなんだけど、第43話で「再発」(二度目のゲムデウスウイルスによるパンデミック)が起きるとは思わなんだ…!やっぱし第41話で破壊しとくべきだったんじゃあねぇかッ!

【第42話】貴利矢よ、なぜ新黎斗のライフを一桁まで減らす!?

f:id:sebaOOO:20170815174916j:plain

牛股権左衛門「もう少しこう何というか、手心というか…」
藤木源之助 「痛くなければ覚えませぬ」

 的な感じだったのだろうか…?(違う)新黎斗に感染させて、容体(経過)を見る、とかでは駄目だったんですかね…?え?「画」的に地味?そうですか…。そうですよね…!でも…いくらなんでも減らし過ぎじゃね!?だって七、八十くらいあった残機を、一桁まで減らすって相当殺してるよ貴利矢!?まぁ新黎斗は罪人だし、償うためには「死刑!死刑!また死刑!」というのも解からんでもな…いや、解かるかッ!

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

 第32話(檀正宗/クロノス登場回)以降が顕著なのだが、『エグゼイド』は山場が来る前に必ず誰かが<不可解>な行動を執るのである。それが気になって全然ストーリーにのめり込めねぇ~!何なんだ、これはッ!?

 だが最近、ようやく気が付いた。そうか、これは<プロレス>なのだ!と。

■『エグゼイド』は「プロレス」

高橋 (中略)多人数ライダーということで「プロレス」の要素も入っています。それぞれの選手にファンがいて、どちらも勝ってほしいわけじゃないですか。でも、どちらかが負けなければいけない。ここではいったん負けるけど、次は再起を図って逆転するというストーリーをライダーの人生にも反映させてみたいんです。負けるとカッコ悪く見えるけど、次の闘いでは新しい仲間とタッグを組んだり、有利な条件を導き出して勝利する……そういう部分がライダーらしく描ければいいですね。
(高橋悠也『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より)

 なぜ第35~42話で仮面ライダー達は<不可解>な行動を執ったのか?それは、

【第36話】貴利矢の援護で無敵に永夢が変身した方が、

f:id:sebaOOO:20170815175200j:plain

【第38話】飛彩が大我を手術して永夢と共闘した方が、

f:id:sebaOOO:20170815175214j:plain

【第40話】敵のパラドが改心して永夢と共闘した方が、

f:id:sebaOOO:20170815175230j:plain

【第42話】貴利矢と新黎斗の協力で永夢が戦った方が、

f:id:sebaOOO:20170815175243j:plain

【夏映画】新黎斗(黎斗神)のライフが残り1の方が、

f:id:sebaOOO:20170815175257j:plain

盛り上がるから。ただそれだけなのである。

■だけどそれは「ドラマ」ではないというか、

 極端な例えをすると、スポーツ観戦で<真剣勝負>を見たがっていた人が、八百長出来レースを見せられている気分になるのが『エグゼイド』なのだろう。<不正>も頻繁に行われるし。

 解かり易く言うと、「過程や…!方法なぞ…!どうでもよいのだァーッ」というディオ様(もしくはディアボロ)タイプなら『エグゼイド』を楽しめるけど、「大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている」人は楽しめないということね。え?余計に分かり難いって?ジョジョ』第3・5部を読みなさい!

 なぜ『エグゼイド』のキャラクターは不自然な行動を執るのか?それは「プロレス」だからです。

■第43話の突っ込み所

永夢「あいつの抗体をリプログラミングするしかない!」

f:id:sebaOOO:20170815175445j:plain

 ハイパームテキでもリプログラミングできたんかい!

 そう、何気に、第33話で作戦(新黎斗 IN バグヴァイザーⅡ)に失敗してから、エグゼイドはクロノスに一度もリプログラミングしてなかったのである。確かに、第35話まではポーズに封じられる(マキシマムマイティXでは時の止まった世界に入門できない)し、第36話からも「やる」素振りを見せなかったので「ハイパームテキはポーズ無効と引き換えに『リプログラミング』能力を失った」(←超!好意的な解釈)のかと思いきや、やらなかっただけかい!第41話とか絶好のチャンスだっただろ…!正宗が「舐めプ」してたんだから…!

f:id:sebaOOO:20170815175601j:plain

 「くっ…無敵の力さえあれば…。」とか言っとる場合かァーッ!(第41話)

 いっそのこと、「リプログラミングは完全体バグスターやクロノスには効かない」という設定にしておけば、ラヴリカやグレングラファイト、檀正宗の株も上がるし、ハイパームテキの強さも引き立ったと思う(何より上記突っ込みが生じない(笑))。

[了]

※はじめましての方はこちらをご一読ください。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp