読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『エグゼイド』感想:第09話「Dragonをぶっとばせ!」

仮面ライダーエグゼイド』の感想です。以下、ネタバレ注意。

第09話「Dragonをぶっとばせ!」(脚本:高橋悠也、監督:諸田敏)

■「全部妖怪のせいだ!」

――先ほど「お客さんの反応」というお話がありましたが、そういった視聴者のリアルタイムなリアクションはどういった方面から耳に入ってくるのでしょう?
大森 大きかったのは、一番最初の劇場版(『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』)でした。というのも、ほぼ同じ時期に公開された『妖怪ウォッチ』のヒットで、本来のメインターゲットである子どもたちの興味を持って行かれてしまって。でも、ある意味ラッキーだったと思っています。そこでカウンターパンチを食らったからこそ、本当にいろいろ考えさせられまして、スタッフも一丸になって『ドライブ』を変えていこうとした。ひょっとするとあの1件がなければ、先ほど言ったターニングポイント(注:25話)も存在しなかったかもしれませんね。
(大森敬仁『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より)

三条 (中略)『W』みたいな探偵ドラマと差別化しつつ、きちんと刑事ドラマっぽいアイコンも入れてるし、普通に何もなかったら必要最低限のことを満たしてるスターティングにはなってたと思うんですよ。そうならなかったというのは、周囲の状況もあったと思うんですけど、それくらい思い通りにならないことなんて、どんな番組でもあることだから。(中略)
――第3クール目から進ノ介の過去が明らかになって、ストーリーの縦軸が強化され、展開もスピーディになっていった気がします。
三条 結局、あの年は『妖怪ウォッチ』というデカいライバルが出てきて、子どもたちの興味が全部そっちに行ってしまったと思うんですよ。そこでひとつ鞭を入れるようなことをやらないとね、という話が来てたんです。
三条陸『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より)

f:id:sebaOOO:20161204174959j:plain

 まるで「『妖怪ウォッチ』が無かったら、『ドライブ』は売れていた!」みたいな言い草だな…!

 「俺は(キバに)負けてない!負けたのはイクサだ!!」と言い張る753みたいね(笑)はっきし言って、『妖怪ウォッチ』が有ろうと無かろうと結果は変わらなかったと思う。そもそも企画自体に難アリだし。詳細は以下の考察記事を参照されたし。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

 『妖怪ウォッチ』の残酷なところは、玩具メーカー「今は少子化だから…!」「物価も消費税も上がってるから…!」という言い訳を、売れない理由にできなくしたこと。きちんと狙いを済ませれば、メインターゲット(子供)にヒットする(当たる)のだと再証明してしまった。それも新規IPで!だから、既にブランドが確立している「平成仮面ライダー」のスタッフが、「妖怪のせいだ!」と喚くのは非常に恥ずかしいことだと思う。

■『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT Z』

 十本目(最後)のガシャット『ドラゴナイトハンターZ』レベル5に変身。そしてゲーム妖怪ウォッチの開発会社はレベルファイブ。レベル3から1つ飛ばしてレベル5になるのは、大森敬仁の「打倒妖怪!」という強い意志の現れなのかもしれない。…や、単純に医者モノだから4(死)を外しただけか…!平成二期の強化フォームで暴走するのは、『W』のファングジョーカー、『OOO』のプトティラコンボ、『鎧武』のブラックジンバー、『ドライブ』のデッドヒートくらい?ファングメモリも恐竜の形をしていたし、ドラゴンを乗りこなすのは難しいということか…!(ウィザードはマシンウィンガーで乗りこなしてたけど)…そういえば、ウィザードはスタイル強化で闇堕ちしなかったね。ウィザードラゴンは晴人にベタ惚れだったからな…!そして、

PP「衛生省がCRの視察に来るんだって。」
灰馬「くれぐれも粗相のないようにな。CRの最高責任者である、大臣官房審議官様がお見えになるんだ。」
永夢「えっ、恭太郎先生が!?」
灰馬「なぜ日向審議官を下の名前で呼ぶ?言葉を慎みたまえ!」
永夢先生は僕の命の恩人なんです。
( 中 略 )
飛彩「俺の認識が間違っていなければ、ゲーマドライバーを扱うためには適合手術を受ける必要がある。ごく微量のバグスターウイルスを投与して、体内に抗体を作る。」
灰馬「お前が5年前に受けた手術だ。それがなんだ?」
飛彩「なぜ研修医が適合者のことを知らないんだ。(中略)何を隠している?」
灰馬「(つばを飲む音)宝生永夢は、適合手術を受けてないんだ。
 
貴利矢宝生永夢が手術を?
看護師「ええ。カルテによると、16年前に、一度だけ。」
貴利矢「ご協力、感謝します。監察医務院に遺体が運ばれましてね。死因を特定するために、彼の病歴の調査をしたくて…。」
看護師「でも、手術をしたのは16年前ですし、死因に関係があるとは…。」
貴利矢「その時の、執刀医は?」
看護師「確か…今は衛生省に勤務されている、日向恭太郎先生です。
( 中 略 )
貴利矢「死なれちゃ困りますよ、まだ。」
恭太郎「なぜ君がここに?」
貴利矢「1つ、確認したいことがあるんですよ。16年前に、宝生永夢の手術をしたらしいですけど、先生って…本当にあいつの命の恩人?
(『エグゼイド』第09話「Dragonをぶっとばせ!」より)

f:id:sebaOOO:20161204175345j:plain

 なんか一気にキナ臭くなってきたな…!永夢の秘密については第10話より前に冬映画(『VSパックマン』)で知ることになりそうね(公開初日に見に行けたらの話だけど…!)

[了]

※はじめましての方はこちらをご一読ください。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp