千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ゴースト』第34・35・36・37話感想

 久々の『ゴースト』各話感想は第34・35・36・37話の豪華4本立て!(とか言いつつ、実際は未更新分の簡易版なんですが…!)

【前回】『ゴースト』感想:第33話「奇跡!無限の想い!」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【次回】(※07/03更新予定)

f:id:sebaOOO:20160626232340j:plain

※中間評への賛同・反対意見もお待ちしております。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

■『ゴースト』第01~33話&第34~37話の概要!

タケル 「みんなありがとう。みんなのおかげで帰ってこられた。」
アカリ 「今度こそ本当にダメかと思った。でもよかった。」
御成  「二度あることは三度ある。やはり、拙僧の言うとおりでしたな。ハハハハ…!」
ユルセン「ばあ~!お前なんもしてなかっただろうがよ。」
御成  「なんですと!」
ユルセン「脇やめろ!ハハハ…。」
アラン 「体がないお前は、そのまま消滅してもおかしくなかったはずだ。」
マコト 「その新しい眼魂のおかげなのか?」
アカリ ねえ、今タケルってどういう状態なの?99日の期限ってどうなったの?
タケル 「わからない…。おっちゃん?おっちゃん!」
仙人  「おお~奇跡の子よ。」
マコト&アラン「長官!」
タケル 「えっ顔見知り?」
マコト 「イーディス長官、いつこちらへ?」
仙人  「イーディス長官?誰だ?その人。知らないよ。」
アラン 「でも、同じ顔…。」
仙人  「この私と同じ顔?そんなイケメンが、この世に存在するのか?ぜひとも会ってみたいなあ。」
タケル 「おっちゃん、今の俺ってどういう状態なの?」
仙人  「よう!奇跡の子。いや、わしにもわからん。」
タケル 「えっ?」
ユルセンよう!奇跡の子。お前はまだゴーストだぜ。99日経ったら、お前の魂は眼魂ごと消滅しちゃうんだ。
仙人  元々はお前が生きている状態で、龍が送った、ブランク眼魂にお前の魂を入れ、仮の体で、眼魔と戦うはずじゃったんだ。
ユルセンでも、その前にお前、眼魔に倒されちゃったじゃん?
仙人  そして、99日目を迎えた時、龍が現れ、お前の魂は、龍の魂と、同化してしまったんじゃ。想定外の出来事じゃった。龍とタケル、2つの魂を救うためには、グレートアイの力を、使うしかなかったのじゃ。
タケル グレートアイって?
仙人  あのね、万物を創造することができる、力の根源。
マコト 「その言葉どこかで…。」
仙人  「その言葉って、僕の言葉?」
アラン だが、この前15個の眼魂をそろえても、願いは叶わなかったぞ。
仙人  それを妨害したのは、グレートアイを守護する存在、ガンマイザーだ。龍とわしは、ガンマイザーに対抗するために、15の英雄眼魂を用意した。だが、今なおガンマイザーの力は強くなり続けている。このままでは、グレートアイと対話することができない。
アカリ 「それって、タケルは生き返れないってこと?」
仙人  「う~ん…全てはわしの誤算じゃった。」
タケル 「大丈夫だよ。英雄の力はこんなもんじゃない。父さんが俺を信じてくれたみたいに、俺も、英雄たちの無限の可能性を信じる。残り36日。俺は眼魔を倒して、絶対に生き返ってみせる。」
仙人  「無限の可能性か…。奇跡の子から生まれた、奇跡の眼魂か…。龍よ、こやつは人間の可能性。未来そのものかも知れんのう。」
(『ゴースト』第34話「迷走!夢の世界!」より)

 奇跡の子から生まれた奇跡の眼魂とはまた大きく出たな…!ここ暫くは『DXムゲンゴーストアイコン』の販促が続きそうね。

 第34・35話は「グリム兄弟&タノシーストライク」回、第36・37話は「サンゾウ&シンネンインパクト」回。『DXグリム&サンゾウ&ヒミコゴーストアイコンセット』の販促期間はとっくに過ぎてるだろうにようやるわ…!何気に、龍さんがタケルに言う英雄の心を繋げ!は着実にこなされており、残るは「ビリー・ザ・キッド」&「ベートーベン」だけだったりする。「イサマシュート」や「ラブボンバー」と絡めたエピソードになるのかな?「イカリスラッシュ」&「カナシミブレイク」は終盤に一まとめで放たれそう。

◆英雄の心を繋いだ回
第14話:(09)坂本龍馬
第15話:(01)宮本武蔵
第16話:(03)ロビン・フッド
第18話:(10)卑弥呼&(04)アイザック・ニュートン
第19話:(07)武蔵坊弁慶
第20話:(12)織田信長
第21話:(02)トーマス・エジソン
第24話:(08)石川五右衛門
第30話:(13)ハリー・フーディーニ
第32話:(11)ツタンカーメン
第35話:(14)グリム兄弟
第37話:(15)三蔵法師

■第34話「迷走!夢の世界!」(山口恭平×毛利亘宏)

アデル「あれ(ムゲン魂)は一体なんなんだ?」
ガンマイザー「わかりません。」
アデル「お前たちは不滅の存在ではなかったのか?」
ガンマイザー「我々に障害はありません。観察、分析、適応、消去。」
アデル「お前たちも、進化をするということか…。」
(『ゴースト』第34話「迷走!夢の世界!」より)

 ムゲン魂の必殺技(前回(第33話)だと「ヨロコビストリーム」)はガンマイザーを石版ごと破砕できるようで、これにはアデル様もタジタジ。ムゲン魂に変身する時の電子音声が「ムゲンシンカ!」であるように、今後は<進化(evolution)>がキーワードになりそう。そういえば、夏映画『100の眼魂とゴースト運命の瞬間』(←これ略しにくいな…!)ではダーウィンが出るそうね。

 ゲストは第02話「電撃!発明王!」に出てた(出てたっけ?)片桐ジロウとその兄、片桐ユウイチ。グリムとの共通点は「兄弟そろって大学教授」ということ。この辺は上手いけど、片桐兄弟は理系なのでエジソンニュートンは出張らないの?」という疑問が浮かばなくもない(グリム兄弟は文系だからな~!)<夢の世界>から帰ってこない弟ジロウを連れ戻してほしいと依頼する兄ユウイチ。その裏にはディープコネクト社(つまりはイゴール)の影が。

イゴール「こんなところでお会いするとは、奇遇ですね。」
タケル 「お前の仕業だったのか?ここで何をしようとしている!?」
イゴール「楽しみを提供しているんですよ。」
タケル 「楽しみ?」
イゴール死なない体で永遠に続く夢。これはあなたたちの理想でしょ?
タケル 「そんなのウソだ。俺は眼魔の世界で人が消えるのを見た。」
イゴールええ、ウソです。魂も体も資源として大切に使わせてもらいます。今眠ってる連中も、あと1日で出られなくなります。夢の中で死ねるなんて、なんと幸せな。
(『ゴースト』第34話「迷走!夢の世界!」より)

 第25・26話の<赤い空>も、第31・32話の<大人の子供化>も、今回の<夢の世界>も、冷静に考えると結構えげつない話なのよな…!「ついにムゲン魂が!?」という引きで第34話は終了。

f:id:sebaOOO:20160626233050j:plain

 ライナーフォームリスペクトかと思いきや、演出はウイングフォームだったでござる。

■第35話「真価!楽しさの力!」(山口恭平×毛利亘宏)

タケル「楽しさは人を繋ぎ、笑顔が笑顔を生む。仲間がいれば、楽しさは無限に広がるんだ!

f:id:sebaOOO:20160626233153j:plain

 ということは、コスプレしたカノンちゃんもみんなで愛でた方が良いということだな!

 有りそうで無かった、イゴールがプロトメガウルオウダーで主人公勢の眼魂を装填し、パーカーゴーストを羽織るという展開が目玉の第35話。「メルヘーニュ!」と言わんばかりに夢の世界は<童話の世界>(すごく…ヘルヘイムの森です…!)全編通して山口恭平ワールド目白押しだったけど、戦闘シーンもグレイトフル魂でムサシ&エジソンパイロット版の2人)を召喚したり、ディープスペクター状態でノブナガ&ツタンカーメン魂に変身したり、ムゲン魂の無敵っぷりを3回も披露したりと、個人的には大満足。<楽しさ>も、「自分さえ良ければ」的な精神ではなく、「周囲に還元される」ようなものの方が善い、というのは確かにそうかも。

ユウイチ「早く帰るぞ!そうじゃないとここから出られなくなる!」
ジロウ 「いや、その格好…。全然説得力ないんだけど。」
ユウイチ「誰のためにこんな格好してると思ってんだ!!」
ジロウ 「ここから帰れない?こんな楽しい世界だったら願ったりだね!もう、科学は楽しくないし…。」
ユウイチ「だから、科学は…!」
タケル 「科学は、本当に楽しくないんですか?」
アカリ 「昔、お2人で子どもたちを集めて、科学教室を開いていたのを覚えていますか?」
ユウイチ「ああ、確かに。」
ジロウ 「それが、何か?」
アカリ 「その時に、1人の女の子が、お2人に科学の楽しさを教えてもらったんです。」
ジロウ 「ひょっとして…。」
アカリ 「はい。ホントにホントに、楽しかったんです!だから私、教授たちがいる大学で科学を勉強したいって思ったんです!」
タケル 「みんな本当にいい笑顔。楽しいって、こういうことなんだ。」
アカリ 「タケルが、光ってる…。」
タケル 「この気持ちを、みんなにも思い出してほしい。」
ジロウ 「これは…!」
ユウイチ「信じられん…。」
タケル 楽しい時間を一緒に味わえる人がいるって、本当に素敵なことだと思うんです。
ユウイチ「確かに、楽しかったなあ、子どもたちの笑顔を見ることが。」
ジロウ 「ああ。心から科学を楽しいと思えた。」
(『ゴースト』第35話「真価!楽しさの力!」より)

 …まぁ、こんな茶番、虫酸が走ります!と言う人の気持ちも解る。

f:id:sebaOOO:20160626233349j:plain

 ライダーパンチでファイヤーを、ライダーキックでリキッドを倒す、ムゲン魂の力は正にインフィニティ…!

■第36話「猛烈!アイドル宣言!」(坂本浩一×長谷川圭一

ビルズ 「どうです?この一体感。会場全員の気持ちが、このリングで一つになります。」
アカリ 「感動です。これがビルズさんが目指す、人の未来なんですね。」
ビルズ 「イエス。でも、これはテスト。デミアはさらに進化します。このグループも。」
アカリ 「進化?」
ビルズ 「ネクストステップのため、新メンバーを加えます。アカリさん、あなたもオーディションに参加しませんか?」
アカリ 「あっ、いいえ、私なんて…。」
イゴール「フンッ、誰がお前みたいな小生意気な女を。」
(『ゴースト』第36話「猛烈!アイドル宣言!」より)

 すごく…坂本浩一の趣味全開です…!ガンマイザーはファイヤーとリキッドに引き続きウィンドが登場。使い回しの多いガンマイザーだけど、地水火風的にあと一体は新規造形が出そう?(ガンマイザーアースとか。次回予告に映ってたのがそれかな?)初っ端から3人の仮面ライダーと新ガンマイザーを戦わせたり、ラストもスペクターのノブナガ魂&ツタンカーメン魂で雑魚散らし、リョウマ魂からのムゲン魂タノシーストライクで飛行機眼魔パーフェクトを倒したりと、見せ場はバッチリ。特筆すべくは、リョウマ魂は敵の一斉射撃を剣で捌いていたのに対し、ムゲン魂は敵の猛攻を避けもせず(物ともせず)照準を定め、敵を撃ちぬいた所。可愛い女の子達を撮るのに現を抜かしつつも、殺陣もしっかり見(魅)せてくれるのは流石よね。でもアイドルの歌唱シーンはちとキツい…!

f:id:sebaOOO:20160626233516j:plain

 この絵面、ますますインフィニティ…!

 というか、タノシーストライクが橙色で、シンネンインパクトが緑色だったけど、逆じゃない!?ロビン・フッド(緑)とビリー・ザ・キッド(橙)的に考えて…!

■第37話「修得!それぞれの道!」(坂本浩一×長谷川圭一

ジャベル「なんという戦い方…。常に自ら前に出るあなたが、まさか眼魂の家来とともに戦うとは…。」
アラン ジャベル、お前は2つ間違った。ただ死に場所を探す戦いに信念はない。故に負けたのだ。そして、ともに戦ったのは家来ではない。仲間だ。
(『ゴースト』第37話「修得!それぞれの道!」より)

f:id:sebaOOO:20160626233606j:plain

 第36・37話はアランの修行回でもある。1号・2号ライダーのパワーアップに3号ライダーがついていけない(取り残される)のはよくあることだけど、それについて言及して救済措置を与えるというのは珍しい気がする。手に入れたのはガンガンハンドのリデコだけど。ディープスラッシャーがサングラスラッシャーのリデコなんだし、どうせなら「ネクロムスラッシャー」的なものでも良かった気がw三蔵法師の力を使うなら孫悟空沙悟浄猪八戒も一緒に戦わせてほしいと常々夢想してたので今回のエピソードは感無量。いっちゃん最初のオメガウルオウド(第19話)が筋斗雲に乗って飛び去るだけだっただけにね…!あと、ハーピー4』の衣装を着たアカリが結構可愛かった。

■オマケ:『ジョジョ』第4部アニメ感想

 は今回はお休み…!『ジョジョDU』第10~13話の感想はいつか必ずここに書きます!

[了]

※はじめましての方はこちらをご一読ください。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp