読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ゴースト』第13・14・15話感想

17_ゴースト

 久々の『ゴースト』各話感想は第13・14・15話の豪華3立て!(とか言いつつ、実際は未更新分の簡易版なんですが…!)

【前回】『ゴースト』第09・10・11・12話感想 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【次回】『ゴースト』感想:第16話「完璧!白い仮面ライダー!」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

f:id:sebaOOO:20160124165916j:plain

※序盤評への賛同・反対意見もお待ちしております。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

■第13話「豪快!自由な男!」(鈴村展弘×毛利亘宏)

――いままでも特撮というジャンルのなかにも五人の戦隊なら五人のカラーがあるし、ライダーにも何人か性格の違うライダーがいたりするわけですが、『電王』ほどキャラクターというものを意識的に描き出して、ある種本人がキャラクターに乗っ取られてしまう、その逆転の構造がおもしろいですよね。
小林 実は、最初の元ネタは多重人格だったんですけど、そういう病的な描写はマズイということでイマジンになったんです。それと佐藤健さんという若手の役者さんがひとりで何役をこなさなきゃいけないというときに、非常に強調したキャラにしないと変化がわかりにくいという事情もありました。いくらメイクや髪型を変えて、声優さんが声を当てても動きからなにからまったく変えないと見てるひとには伝わらないというので、あえて必要以上にひとつひとつのキャラを強くしていった結果、ああなっただけなんです。それがそんなに受けるとは誰も思っていなくて(笑)。わかりやすくしようとこちらで一所懸命考えた工夫に反応していただいて、急に化けちゃったという不思議な現象でした。
小林靖子ユリイカ2012年9月臨時増刊号 総特集=平成仮面ライダー』より)

 多重人格(病的描写)はNG!」「若手俳優は演技力が乏しい!そのマイナスをプラスに変えた発明が《イマジン》である。「俺、参上!」「僕に釣られてみる?」「泣けるでぇ!」「答えは聞いてない!」といったタロスズの口癖は、視聴者だけでなく、佐藤健への<配慮>だったのだ(実際は、心配無用だったわけだが)

f:id:sebaOOO:20160124170110j:plain

 『ゴースト』の《眼魂(アイコン)》収集に変化が。英雄・偉人(坂本龍馬)の魂が、ゲスト(田村長正)を乗っ取ったのだ。「眼鏡×丁寧語」からカラコン×土佐弁」への変化で<憑依>を表現する手法は正に『電王』。坂本龍馬は、既に各種媒体で「~ぜよ!」と口調が誇張されたキャラクターだしね。

f:id:sebaOOO:20160124170201j:plain

 町工場が人工衛星を開発…?すごく、『下町ロケット』です…!でも、薩之進(父親)× 長正(息子)で薩長同盟は無理矢理過ぎだと思うの…!

f:id:sebaOOO:20160124170226j:plain

 第13話は《ゴエモン魂》販促回。トタン屋根の上での夜戦と、何気に高度な殺陣を繰り広げていたね(高岩さん、高所恐怖症なのに大丈夫だったのかしら?)特筆すべくは、刀眼魔(ガンマ)が復活したこと。言ってしまえば再生怪人だけど、どうやら素体(眼魔アサルト)が異なる模様。眼魔の世界(あの世)は、この世と死生観が違うみたいね。「鋼タイプには電気の特殊だ!」と《エジソン魂》にフォームチェンジしたり、「飛行タイプには素早さ勝負!」と《ゴエモン魂》に切り替えたりと、けっこう戦闘シーンを顔晴ってたね毛利亘宏。…でも、一瞬だけでもムサシ出しても良かったんじゃない?と、思わなくもない、うん。

■第14話「絶景!地球の夜明け!」(鈴村展弘×毛利亘宏)

f:id:sebaOOO:20160124170305j:plain

 ざっくりし過ぎだろ…!

 まぁ、坂本龍馬が何をした人か?」をきちんと説明できる人間の方が少数派だろうけどね。俺も、このくらいしか知らん。
(一)怪毛を生やした寝小便小僧だった。
(二)勝海舟を殺そうとしたけど止めた。
(三)薩摩藩長州藩に同盟を結ばせた。
(四)近江屋事件で何者かに暗殺された。
それを逆手に取って、海援隊 ⇒ キャプテンゴースト(幽霊船)⇒ 宇宙船」と拡大解釈したのは潔いというか、清々しさを感じた。ちなみに、《リョウマ魂》に変身すると<度胸>がつき、窮地でも動じることなく戦えるようになり、常識にとらわれない大胆な攻撃も可能となる、らしい。度胸星』ということか(違う)そういえば、佐藤健は『龍馬伝』で岡田以蔵を演じていた(らしい)ね。

f:id:sebaOOO:20160124170405j:plain

 電子機器を使用する人々の魂が、次々と人工衛星に取り込まれるという中々ヤバい状況に。…でもタケルよ、そこはちゃんと『SOUL CATCHER(S)』しとこうぜ!?

f:id:sebaOOO:20160124170421j:plain

 宇宙キター!地球はまっこと青いぜよ~!(プラネット眼魂は、ユーリイ・ガガーリンが元ネタ?)夢(555)、手(OOO)、宇宙(フォーゼ)と、平成仮面ライダー<象徴>が随所に散りばめられた、良い話だったのではないでしょうか。…まぁ、薩長同盟締結早過ぎじゃね!?」とか、所々突っ込み満載ではあるのだけれど。

 余談だけど、《ゴエモン魂》の頭巾は「ゼッケイフード」、《リョウマ魂》は「ゴウカイフード」で、サブタイトルではそれ(絶景&豪快)が逆転してるのが臍。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

■第15話「苦悩!頑固な脱出王!」(山口恭平×福田卓郎

f:id:sebaOOO:20160124170545j:plain

 新キャラ、福嶋フミこと「フミ婆」登場。はんぐり~(ウィザード)ですね、フーミンは。指輪物語では<ドーナツ(輪っか)>で、眼魂英雄譚では<タコ焼き(球体)>と。…というか、チンプイ(奈良瞬平)はドーナツ屋の店員という設定でも良かった気がする。まぁ、KABA.ちゃんのバーター(田谷野亮)を出す必要があったから、無理だったんだろうけど、どっち道。

 ハリー・フーディーニは『ポケモン』のフーディンの元ネタくらいにしか知らなかったけど、TRICKにも出てきたのね(福田卓郎つながり、ということか…!)自分が奇術師であると同時に、他人のトリック(超能力・心霊現象のイカサマ)を見破るサイキックハンターでもあった、と。…第15話、いつになく偉人豆知識が詳細だった気がするけど、気のせい?(笑)

f:id:sebaOOO:20160124170711j:plain

アカリ 「奇術師のフーディーニがなんで飛ぶの?」
ユルセン「そんなの知るかってんだ…。」
ユルセン、お前はストロンガーか!

f:id:sebaOOO:20160124170738j:plain

 マコトの俺に従え!なスタンスが気に入らなかった頑固な脱出王。「妹を蘇生させる!」「ケジメを付ける!」「自分一人で戦う!」と雁字搦めになっていたマコトが、呪縛(鎖)から解き放たれて新たな力を得るというプロセスが、フーディーニの逸話(脱出術)と相俟って、非常に出来の良い一話だったのではないかと。英雄・偉人と仲良くなればいいんだよ!というタケルとの対比になっているし、「マコト兄ちゃんを信じる!」という想いが、ムサシの心を動かしたしね。

■第16話「完璧!白い仮面ライダー!」に向けて

f:id:sebaOOO:20160124170821j:plain

 宮本武蔵と心を通わせることに成功したタケル。モンスターボールの中はけっこう快適そうですね…!次回、ロビン・フッドとの絡みもあるようだし、全員分(15人)やるのかしら?

f:id:sebaOOO:20160124170843j:plain

 来週は、ついにアランがネクロムに変身!

[了]

※はじめましての方はこちらをご一読ください。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp