読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ゴースト』感想:第06話「運命!再起のメロディ!」

仮面ライダーゴースト』の感想です。以下、ネタバレ注意。

第06話「運命!再起のメロディ!」(脚本:毛利亘宏、監督:諸田敏)
東映仮面ライダーゴースト 第6話 運命!再起のメロディ! | 東映[テレビ]
テレビ朝日ストーリー|仮面ライダーゴースト|テレビ朝日

【前回】『ゴースト』感想:第05話「衝撃!謎の仮面ライダー」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【次回】『ゴースト』感想:第07話「早撃!伝説のガンマン!」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

■「○○さんの命を感じる…生きてほしい!」

 主人公のゲストの抱擁。山口恭平監督の演出は賛否両論というか、けっこう物議を醸しているね。第02話のゲスト回では見られなかった光景だし。

 ↓第03話「必中!正義の弓矢!」より。

f:id:sebaOOO:20151115234632j:plain

 ↓第04話「驚愕!空の城!」より。

f:id:sebaOOO:20151115234642j:plain

 セカンドパイロット版でメガホンをとる監督は「パイロット版を見ずに撮影する」ので、このままだと「ゲストを抱きしめる/抱きしめない」で統一が取れなくなってしまうぞ!?と若干心配だったんだけど、そこは流石の諸田敏。第06話ではきちんと山口監督の演出を拾っていたね。

 ↓第06話「運命!再起のメロディ!」より。

f:id:sebaOOO:20151115234701j:plain

 この「主人公のゲストの抱擁」に対して「ご都合主義!ちゃんと説明しろ!」という声が上がるのを見かけるけど、自分はこと『ゴースト』に関してはそういうのは不要と思ってます。割かしファンタジックな世界観だしね。それに、「タケルが流したのは正の波導!眼魔(ガンマ)が撒いたのは負の波導!つまりゲストは霊体エネルギーがプラスマイナスゼロ!」みたいな解説が入ったら、それはそれで興醒めじゃない?(笑)

 「俺は…俺を信じる!」あれはあれで良いのです。

■ごめんなさい今回は短めで…!

 何故ならば『鎧武外伝2』の感想記事を書いたから。皆様の感想をお待ちしております。

sebaooo-tatoba-combo.hatenablog.jp

[了]

※関連記事です。

『鎧武』陣羽織檸檬柄と大玉西瓜宇宙開闢と空我精神 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『仮面ライダーゴースト』の第一印象 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

秀逸!ネーミングセンス - 千倍王鷹虎蝗合成獣

※うちのメインコンテンツ。宜しければこちらもどうぞ。

【批判】対決!『鎧武』VS『仮面ライダー』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【称賛】総括!『仮面ライダー鎧武/ガイム』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

【批判】対決!『ドライブ』VS「平成仮面ライダー」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【称賛】総括!『仮面ライダードライブ』(※執筆中)