読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ゴースト』感想:第03話「必中!正義の弓矢!」

仮面ライダーゴースト』の感想です。以下、ネタバレ注意。

第03話「必中!正義の弓矢!」(脚本:福田卓郎、監督:山口恭平)
東映仮面ライダーゴースト 第3話 必中!正義の弓矢! | 東映[テレビ]
テレビ朝日ストーリー|仮面ライダーゴースト|テレビ朝日

【前回】『ゴースト』感想:第02話「電撃!発明王!」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【次回】『ゴースト』感想:第04話「驚愕!空の城!」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

■復活!Aパートアイテム!

 メモリガジェット(W)、カンドロイド(OOO)、フードロイド(フォーゼ)、プラモンスター(ウィザード)等、変身する前のドラマパートで活躍するものを制作陣は「Aパートアイテム」と呼んでいるのだが、『鎧武』ではそれに類するものは登場しなかった。その理由は、スタッフも視聴者も「飽きてきた」からだ。

――今年のビークル系は、ロックシードから変形する設定なので一緒にうかがいたいんですが、ここ数年の定番になっていた小型のサポートメカが登場しなかったですよね。たとえば、1/1サイズのロックシードから変形するミニメカがあっても面白かった気がするんですが。
西澤 それは、もうやめようという話が当初からありました。武部さんや佛田さんもおっしゃってたんですが、『W(ダブル)』『オーズ/OOO』『フォーゼ』『ウィザード』と続けてきたこともあって、小型のサポートメカは何を出しても画(え)が変わらない。結局、物語が後半になるにつれて出しにくくなるし、同じようにCGでやるなら、もっと派手なことをやるべきだろうと。
(西澤清人『仮面ライダー鎧武/ガイム公式完全読本』より)

 代わりに発売されたのが「アームズウェポン」シリーズ。主人公の武装《大橙丸(ダイダイマル)》は別売りの《無双セイバー》と合体して薙刀になるし、最強形態《極アームズ》は全アームズウェポンを召喚可能なので、《バナスピアー》や《ブドウ龍砲》の使用頻度も増え、飛ぶように売れましたとさ。…極アームズ、なんて在庫に優しいフォームなんだ…!

f:id:sebaOOO:20151018224956j:plain

 『鎧武』の出さないというのも英断だけど、『ゴースト』の別モノに(と)変形・合体させるというのも良い切り口よね。黒電話に変形している《コンドルデンワー》は、《ガンガンセイバー》と合体して弓矢になると(ハロー!アロー!森へ行こう!)…あれ?これを平成二期のいっちゃん最初にやってのけた塚田英明って凄くね…?

 『ドライブ』は変身アイテム=Aパートアイテムという斬り込み方をしたけれど、《シフトカー》はあまり受け入れられなかったね。《ディメンションキャブ》とか好きだったんだけどな。

f:id:sebaOOO:20151018225100j:plain

福田卓郎 ~キャラ重視でホンを書く脚本家~

――自分は特撮オタクではないから、特撮マニア向けだけではなく、もっと一般の人たちが楽しめるようなドラマにしたかったとも仰ってましたよね。
井上 そりゃそうだよ。だいたいオタクが書くものなんてロクなものないよ(笑)。視野が狭いからさ、経験的に言ってそうだね。どうせやるなら、もっといろんなヤツに見てほしいじゃん。
井上敏樹『語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】』より)

 第01話では島本和彦、第02話では諸田敏について言及してきたけど、ぶっちゃけ自分は福田卓郎の予備知識ゼロなのよね…!『トリック』も『警部補 矢部謙三』も未視聴だし…!一つ言えるのは、虚淵玄三条陸タイプではなく、井上敏樹小林靖子タイプだね、おそらく。つまり、設定・シナリオより、キャラクターの日常や生き様を綴ることを好むタイプ。高橋一浩(チーフP)も、キャラ立ちを求めて起用したようだしね。

――脚本に東映ヒーロー初参加の福田卓郎さんを起用されていますね。
 テレビ朝日さんと「これまでにない仮面ライダーを作りましょう」という話になり、スタッフにも新しい方を迎えたいということで福田さんの名前が出てきました。僕は福田さんとは初対面でしたが、『トリック』や『警部補 矢部謙三』シリーズなどを手がけていていたことは知っていて、これらの作品における突出したキャラクターの描き方は仮面ライダーにも通じると思っていました。主人公が置かれた境遇はともすれば暗くなりがちですが、福田さんならキャラクターを立てることができると思います。またアカリや御成のようなコメディリリーフは福田さんならではのキャラクターです。本当に上手いなと思いました。
(高橋一浩『宇宙船 vol.150』より)

 『ゴースト』の脚本はけっこう「割り切ってる」よね。第01話は「99日以内に15個の眼魂を手に入れろ!」という説明に徹していて、人物描写・掘り下げは第02話に回してる(タケルとアカリの肝試しエピソードとか)登場人物の役割分担もハッキリしてるよね。仙人は偉人のヒント出し、アカリは発明、御成は調査、ユルセンはアイテム使用方法の説明、みたいな感じで。

 もっと言うと、「年内は販促!」と割り切ってるよねきっと。『鎧武』のビートライダーズ編のように。その割り切り方…嫌いじゃないわ!まだ、福田卓郎の特徴というか、個性が見えてこないので、年明け以降大暴れしてもらいたいなァ。

f:id:sebaOOO:20151018225400j:plain

 それにしても、御成さんいいキャラしてるわ…!

[了]

※関連記事です。

『仮面ライダーゴースト』の第一印象 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

カレーと平成仮面ライダーと好き嫌い - 千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーを一文で表現してみる - 千倍王鷹虎蝗合成獣

※うちのメインコンテンツ。宜しければこちらもどうぞ。

【批判】対決!『鎧武』VS『仮面ライダー』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【称賛】総括!『仮面ライダー鎧武/ガイム』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

【批判】対決!『ドライブ』VS「平成仮面ライダー」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣
【称賛】総括!『仮面ライダードライブ』(※執筆中)