千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ドライブ サプライズ・フューチャー』感想

 『ドライブ サプライズ・フューチャー』の感想です。ネタバレはそんなに無いです。というか、ここ最近の『ドライブ』OPの方が本記事よりネタバレに満ちているので(笑)未鑑賞の方もご安心を。

■車は子供の憧れ

 『OOO』放送終了後、チーフP武部直美はこんな話をしていた。

――お話作りはどのように決められたのでしょう?
武部 バンダイさんとのキャッチボールを繰り返す中で次第に形作られた感じです。最初は子供たちの将来的な憧れをモチーフにした仮面ライダーという案もあったんです。ただ私としては、やはり仮面ライダーは「敵の力で戦う」というテーマがありますし、そこだけは大切に守っていきたい。(中略)戦隊だったら成立するんでしょうけど、仮面ライダーとはどうあっても相容れないものを感じたので、それは取り下げてもらうことにしました。(中略)バンダイさんとのお話し合いでも「メダルは敵が持っていることにします」と、そういう流れで摺り合わせをしていきました。
――なるほど、将来の憧れ的なものでは、人間側がそれを作っているということになりますからね。
武部 そうなんですよ。やっぱり仮面ライダーの基本としては、敵が持っている戦力を奪って戦うという方が自然な気がするんです。まあ、『フォーゼ』や『W』では同じモチーフを使いながらも、敵と味方は明確に違うものを持っているので、担当プロデューサーによって仮面ライダー的なコンセプトの表し方が違うのかもしれません。
(武部直美『仮面ライダーオーズ/OOO特写写真集OOO』より)

 『キバ』は<魔物(マモノ)>、『OOO』は<生物(イキモノ)>、『鎧武』は<果物(クダモノ)>がモチーフで、これらは全て「子供たちの将来的な憧れではないモノ」である。「敵の力で戦う」というテーマと、「異形(異様)」なデザインに重きを置いているのが武部Pライダーの特徴だ(白倉伸一郎の猿真似と言ってしまえばそれまでだが)一方、塚田英明の『フォーゼ』は<宇宙飛行士>、宇都宮孝明の『ウィザード』は<魔法使い>がモチーフであり、両者とも「子供たちの将来的な憧れ」を題材に扱っている。スーパー戦隊シリーズに、近付いてる(近付けてる)のだ。

 武部直美の「『フォーゼ』や『W』では同じモチーフを使いながらも、敵と味方は明確に違うものを持っている」という指摘は自分も同感でして。例えば、『W』のドーパントに変身するにはコネクタ手術を施してガイアメモリを直挿しする必要があるが、毒素に肉体が蝕まれたり精神が侵されるリスクがある。しかし、左翔太郎&フィリップはダブルドライバーを使用して変身するため、ガイアメモリに汚染されることはない。穿った見方をすれば、仮面ライダーWは「リスクなき暴力を振るう(正義を執行する)」存在なのだ。『フォーゼ』に至っては、仮面ライダーフォーゼとゾディアーツの共通点は「コズミックエナジーがパワーソース」という一点のみであり、「敵の力で戦う」というテーマからはかけ離れてしまっている。もっとも、『フォーゼ』の変身メカニズムは「人間が人間のまま宇宙へ」対「人間が怪人化して宇宙へ」という、歌星緑郎(地球)と我望光明(対応)の、二人の思想の対立が根底にあるから、これはこれで面白いのだけれども。「主人公側が安心設計なドライバーの恩恵にあずかるってどうなのよ!?」というのが、自分が塚田Pライダーに“どんより”する理由の一つなのよね。

 で、『ドライブ』って一から十まで「子供たちの将来的な憧れ」で構成されている作品よね。主人公の職業がまず<警察官>だし、変身ツールも人命救助の緊急車両や、工事現場の重機・建機など、<働く車>がモチーフだしね。あらゆる意味で、塚田英明の作風に近い。それ故に、自分が『ドライブ』に望んでいたのは、塚田Pライダーからの脱却というか、超越が出来ているか?ということだった。すなわち、仮面ライダーなら無条件に善で、怪人だから問答無用に悪」という、単純な善悪二元論に陥ってないよね?ということだ。現状、半分くらいは、出来ていると思う。テレビ本編では、006を素体にし、蛮野天十郎(in ドライブドライバー)が変身する「ゴルドドライブ」が登場したしね。惜しいのは、「人間と怪人の共存は可能か?」という部分が上手く描けてないところ。この辺がちゃんとしてたら、「大森敬仁やるじゃん!」となってたかもしれないのにね。

 『ドライブ サプライズ・フューチャー』に興味を惹かれたのは、
(1)2015年8月5日、ベルトさん=ドライブドライバーが暴走を始め、それがきっかけで一年後にはロイミュードが世界を征服してしまう!
(2)未来からタイムワープした泊エイジ(進ノ介の息子)を追ってきた、ネクストトライドロンに乗る謎の戦士・ダークドライブが出現!
という世界観・設定だった。「ベルトさんことクリム博士が開発したドライブシステムそのものが、実は人類滅亡のために仕組まれたプログラムだった!?」なんだいなんだい!ちゃんとそういうのやってくれるのね、大森敬仁&三条陸

■失われし「科学技術の恐怖」

 新『仮面ライダー』を企画する際に、僕がスタッフに求めたことは3つだけでした。それはまず、敵にヒエラルキー、序列を付けないということです。大げさなボスなんか、見たくもないと。そして、キーキー言う兵隊もいらない。同じことをやっていると思われちゃうから。そして最後に、これが一番重要なんですが、怪奇ものじゃないので手術はしないようにしてもらいました。手術をすると、どうしても以前の「匂い」がしてしまいますから。それらを踏まえて、リアリティのある作品作りを目指したんです。『クウガ』が始まって間もなく、JAC(現・JAE)の方の結婚式に出席したときです。かつて『ライダー』を作っていらした先輩方から、「あんなのライダーじゃない」ときついお叱りを受けたんです。そのときに、「成功した」と思いましたね(笑)。かつての『ライダー』と変えることが狙いだったんですから。
鈴木武幸『仮面ライダー 平成 vol.1 仮面ライダークウガ』より)

 仮面ライダー・本郷猛は改造人間である。かれを改造したショッカーは世界征服をたくらむ悪の秘密結社である。」誰もが、「『仮面ライダー』とは?」と尋ねられたら、先ず最初にこのイメージが頭に浮かぶのではなかろうか?この固定観念(ステレオタイプ)こそが、シリーズ断絶の要因の一つである。だからこそ、高寺成紀と白倉伸一郎は、「仮面ライダー改造人間」という設定にしなかった。それ故に、平成仮面ライダーシリーズでは「人間と怪人の境界線」というテーマに踏み込んでいくことになるんだけど、同時に「科学技術が人間を淘汰駆逐する」という要素が、オミットされてしまったのよね。『ドライブ』では、例えば「融合進化態(人間×機械生命体)≒擬似的な改造人間と言えるし、狂気のマッドサイエンティストが立ち塞がったりと、<科学技術>が敵に据えられている。逆に言うと、15年の時を経なければ、科学技術の恐怖を描くことは出来なかったのだ。

■車は技術の象徴

――では、まずはそのフルーツとどう格闘されたのかを伺っていきたいのですが、歴代ライダーの変身アイテムも、それこそ『555』の携帯電話なんかは最初にベルトを見たときは「ええーー?」って相当驚いたんですけど、『鎧武/ガイム』のフルーツは過去最大級の衝撃だったんじゃないかと。
虚淵 ああ、自分の感覚でいうと、『555』の携帯はありなんですよね。結構あちこちで言ってますけど、僕はベルトの力っていうのは、とにかく怖いものであってほしいと思ってるんですよ。仮面ライダーというのは、そもそもショッカーの改造人間という原作のいちばん揺るがし難い部分があるので、怖いもの、恐ろしい方向でありさえすればいける!ってのはあったんです。
 で、携帯電話は、僕の年が年かもしれないですけど、十分怖いんですよ、あれ。イヤなものなんですよね。携帯電話に絡めた怪談なんてつくれるじゃないですか。そういう意味では、恐ろしい方向に想像力を膨らませることができるアイテムとしてはありなんですよ。
 今のスマホファイズフォンよりすごいものになっちゃいましたし、なんで最近はスマホで変身しないんですかね。『555』と被っちゃうからかな。
虚淵玄『語ろう!555・剣・響鬼【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】』より)

藤岡 今は便利な時代で、自分が楽をしようとしたらいくらでもできてしまうからね。これ(スマホを操作する手振り)で生活が終わっちゃうから。家の中で生活が終わってしまうからね。まさにショッカーですよ。地球全滅作戦これでいいじゃないかって。だから、アナログも大事なんだぞ、と。デジタルももちろん重要なんだけど、バランスをうまくとって、両方で。
藤岡弘、仮面ライダー鎧武/ガイム COMPLETE TRACKS』より)

f:id:sebaOOO:20150814235310j:plain

 最近、2045年問題」とか、「シンギュラリティ(技術的特異点)」なんかがよく話題に上がるけど、サイエンスフィクションな世界も、そう遠くない未来というか、絵空事ではないんじゃない?と思うのよね。実際、21世紀になってからの科学技術の進歩のスピードは異常よ。『クウガ』(2000年)の一条薫がラ・ドルド・グに、榎田ひかりが開発したマーキング弾を撃ち込んで追跡!みたいなことを、『鎧武』(2013年)ではミッチがいとも容易くやってのけたしね。警察が総力を挙げて実現したことを、たかが市民(一個人)が、たった十数年でよ?虚淵玄藤岡弘、も「恐い!怖い!」言ってるスマートフォンは、自分も恐怖を覚える。あれこそ革命機ですよ。世界を暴くシステムですよ。

  ハート様「俺達は戦い、進化する。人間の歴史と同じじゃないか。」と仰ってたけれど、正に「戦争の歴史=技術躍進の歴史」だし、現に人類を何十回も滅ぼせるほどの核兵器が地球上にあるらしいじゃない?まぁ核兵器は抑止力という側面もあるけれど(『PEACE WALKER』的に考えて)、同じく技術の結晶たるロイミュード「車」が人類に牙をむくというのは恐(怖)ろしいよね、身近で。

■車は破壊者

 車は破壊者である。排気ガスは温暖化や酸性雨、土壌汚染や水質汚濁を招くし、道路を通せば森林は伐採され、山は切り崩される。飛行機に乗るより、その辺を歩いている方が死ぬ確率は高いと言われるほど、交通事故は毎日のように発生しているし、車は自然・環境だけでなく人間をも破壊するモノなのだ。だからこそ、『ドライブ』ではそういう側面も描いてくれたらなという淡い期待も抱いていた。

 『ドライブ サプライズ・フューチャー』では、『メルセデスAMG GT』をベースにした「ネクストトライドロン」だけでなく、破砕・切断用の双腕作業機『ASTACO』や、『トラック野郎』シリーズにも登場するデコレーショントラックが、「ネクストビルダー」&「ネクストデコトラベラー」として出演。正に「破壊者」!ちょっと感激しました。

 ラスト、ベルトさんが「未来の悪を止めるのは、今の正義の心」と言うのだけれど、仮面ライダーが車に乗ってりゃ正義、というわけではない!ということが丁寧に描かれていたのが好印象でした。や、面白かったですよ。本編も、このくらいやってくれれば、文句無しなんだがなぁ…!

[了]