千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ドライブ』感想:第41話「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」

仮面ライダードライブ』の感想です。以下、ネタバレ注意。

第41話「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」
脚本:長谷川圭一 
監督:山口恭平
*↓東映公式サイト
http://www.toei.co.jp/tv/drive/story/1206010_2271.html

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

■前回までの『仮面ライダードライブ』!

 第40話の『ドライブ』感想記事のコメント欄に、「何か最近ロイミュードは真の悪じゃない!とかハート様良い奴!みたいな風に誘導したがってるみたい」という書き込みがあった。俺もそう思う。最近の流れに乗り切れない理由をまとめるとこんな感じだ。

(1)全責任を、蛮野博士に擦り付けようとしている。
(2)被害者とはいえ、加害者となった罪は消えない。
(3)善悪の基準は、主人公泊進ノ介の感覚で決まる。

 今までも、自分は「身内贔屓」な所に“どんより”してまして。例えば「橘さんや究ちゃんはお咎め無しだったのに『シュプレム』のシェフ奥村が幇助罪で逮捕されるってどうなのよ!?」って、第38話ではモヤモヤしたわけです。そんなこともコメント欄に綴っていたらご指摘がありまして。一応、シリーズ新展開より前は「001の隠蔽工作が働いていて機械生命体なんちゃら法とか何も無かった」という、アフターフォローがあるのよね。前半の「人間の」犯罪者は、「ロイミュードと手を組む以外の何らかの罪状」で逮捕可能なシナリオになっている。

第05・06話:【収賄】警視庁公安部の警視、桐原英治
第05・06話:【密輸】フォントアール社長、倉持満
第07・08話:【損壊】東都タイムス写真家、久坂俊介
第16・17話:【詐欺】沢神りんなの元カレ、笹本喜三郎
第18・19話:【??】追田現八郎の大先輩、橘真伍

 こうして考えると、確かに橘さんの事件は立証が難しいのだ(一応【傷害】罪?)つまるところ、「機械生命体なんちゃら法」整備以前かつ、融合進化せず、自身が手を汚さなければ(人間の法律に引っ掛からなければ)無罪!ということになるね『ドライブ』世界では。

 第38話では「何故メディックを倒そうとするマッハを止めんの進兄さん!?」「メディックが愛情を見せただけで絆されるってどうなのよ!?」というのも気になったんだけど、事象を時系列に並べてみると、意外と整合性が取れている、ような気もする。

(1)第38話以前、「他と違う経緯を踏めば例外的に」人間の心を持つ怪人が生まれることを知る。
(2)第38話にて、典型的な残忍怪人(メディック)でも「人間と同じ気持ち」があることを知る。
(3)第38話にて、メディックを倒さなかったのは丸腰の際ハートに見逃された義理を返したから。
(4)第38話以後、「市民を害する怪人は容赦なく倒す」という警察官としての結論は変わらない。

 よく、「『ドライブ』は構成が下手糞!」と批判されるけど、自分はそうは思わない。というか、シリーズ構成だけなら『フォーゼ』とタメを張るくらい練られていると思う。『鎧武』は、虚淵玄がロードマップを作っていたけれど、『ドライブ』も「このタイミングでこのエピソードをやる!」という章立ては、企画段階でもっと詳細に決まってたんじゃあないかな。

◆第1章(第01~12話)
⇒泊進ノ介・特状課スタートユアエンジン!編。
◆第2章(第12~24話)
⇒詩島剛/マッハ登場、魔進チェイサー決着編。
◆第3章(第25~36話)
⇒泊英介・進ノ介、001、仁良光秀の因縁編。
◆第4章(第37~XX話)
⇒ベルトさん、蛮野天十郎、ハートの三つ巴編。

 問題は、章と章がブツ切りになっていることよね。たとえば、「警察官の息子、泊進ノ介&犯罪者の息子、詩島剛」なんて最高に美味しいネタ(対比)なのに、泊英介は第4章では全く話題に上がらない。そもそも、前半でもっと泊英介絡みの話をやればよかったのに、シリーズ新展開になってからいきなり「トウサンガー!」って言い出すから後付け感が出るのよ。「この設定はこの章で掘り下げる!それ以外ではやらない!」というのを、線引きし過ぎてしまったのかもしれないね、三条陸が。

■今回の『仮面ライダードライブ』は!?

f:id:sebaOOO:20150809221528j:plain

f:id:sebaOOO:20150809221541j:plain

f:id:sebaOOO:20150809221556j:plain

f:id:sebaOOO:20150809221613j:plain

 今週はこれだけでいいんじゃあないかな(オイ)まさかの006退場!進化態のお披露目もナシ。最初からそのつもり(蛮野博士の力を見せつけるため)だったのか、予算不足でスーツが作れなかったのかは知らん。在庫整理みたいに下級ロイミュードも一掃。どうせこんなことになるだろうと予想はしてたけどな!それにしても鬼畜ですわ…!実の息子ですら研究材料と言い切る蛮野天十郎マジ鬼畜ッスわ…!これはアレだな、生まれながらの悪やな。「学生時代とかは人間の心を持ってたのよきっと!」なんて考えもあったけど雲散霧消しましたわ…!

 ただ、ゴルドドライブはええやね。『W』や『フォーゼ』の不満として、テレビ本編に「悪の仮面ライダーが登場しない(=仮面ライダーは善であることが前提)」というのがあったんだけど(※映画や小説には出てくるけど)、『ドライブ』はそこまでやってくれるのね。仮面ライダーとて必ずしも善ではない」ということを。…ゴルドドライブはタイプスピードのリペイントなのかしら?お金、無いのかなぁ…!

 『ドライブ』では、長谷川圭一&山口恭平の回(第31・32・35・36話)は今一なことが多かったけど、今回は特に不満はなかったかな。特状課も賑やかだったし、話の進行に不自然さもないしで。やることが、絞られたからかもしれないね。今まで、ちょっとゴチャゴチャしてたから。

[了]

※関連記事です。

『ドライブ』感想:第39話「旋風の誘拐犯はいつ襲って来るのか」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『ドライブ』感想:第40話「2人の天才科学者はなぜ衝突したのか」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

カレーと平成仮面ライダーと好き嫌い - 千倍王鷹虎蝗合成獣

どれから薦める?平成仮面ライダー! - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『仮面ライダーゴースト』の第一印象 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

※現在『鎧武』批判中。よろしければこちらもどうぞ。

対決!『鎧武』VS『仮面ライダー』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

対決!『鎧武』VS『クウガ』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

対決!『鎧武』VS『アギト』 - 千倍王鷹虎蝗合成獣