読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ドライブ』VS恐怖のズンボガンボロイミュード


仮面ライダードライブVS恐怖のズンボガンボロイミュード - YouTube

 ズンボガンボロイミュードって何だよ…!というわけで、「公式が病気!」な動画を東映自らUPしております。視てたら気にある点が幾つかあったのでここに列挙してみる。

(01)「赤いバイラルコア」なるものが今後登場する?
(02)「人間と融合する進化体ロイミュード」がいる?
(03)「偉大な警察官だった親父」が進ノ介にはいた?
(04)「ブースタートライドロン」とかいうのがある?

 ……「香村純子×鈴村展弘」回以降に出てくるんだろうか……?

■『フォーゼ』のMCと『ドライブ』のTKは何が違うのか?

 MCは「モジュールチェンジ」、TKは「タイヤコウカン」の意味ね。

 や~…!シフトカーのとっ散らかった感というか、散漫さは一体何なんだろうね?とりあえず、第23話「悪戯な笑みを止めるのはだれか」までに登場したシフトカーを全て羅列してみますか。折角だから、『ムービー大戦フルスロットル』に出てきたヤツもプラス。

●シフトスピード   (速さのドライブ)
●シフトワイルド   (力の2号)
●シフトテクニック  (技の1号)
●シフトフルーツ   (果実の鎧武)
●シフトデッドヒート (サイドカー(車+バイク))
●シフトフォーミュラ (F1カー)
●マックスフレア   (燃える車)
●ファンキースパイク (痛車
●ミッドナイトシャドー(湾岸ミッドナイト
●ジャスティスハンター(パトロールカー)
●スピンミキサー   (ミキサー車)
●マッシブモンスター (モンスターマシン)
●ドリームベガス   (リムジン)
●ディメンションキャブ(タクシー)
●ランブルダンプ   (ダンプカー)
●マッドドクター   (救急車)
●フッキングレッカー (レッカー車)
●バーニングソーラー (ソーラーカー)
●ファイヤーブレイバー(消防車)
●ローリングラビティ (ロードローラー
●ロードウィンター  (冷凍車)
デコトラベラー   (デコトラ
●カラフルコマーシャル(広告宣伝車)
アメイジングサーカス(サーカス車)
●マンターンF01  (ピットクルー:給油)
●ジャッキーF02  (ピットクルー:ジャッキ)
●スパーナF02   (ピットクルー:スパナ)

 ふむふむ。変身用のシフトカーが6種類、タイヤコウカン用のシフトカーが約20個、といったところか。……やっぱ『フォーゼ』のアストロスイッチの総数には全然及ばんなぁ。や、『フォーゼ』を視てた時は、別に「40個も要らね~!20個くらいに絞れんだろ…!」とは、微塵も思わなかったんですよ。寧ろ、「次はどんなスイッチ(モジュール)がロールアウトされるんだ!?」と、続きが気になったくらいで。けど、こと『ドライブ』に関しては、「シフトカー多過ぎ…!半分くらい削れるだろ…!」と辟易してしまうのだ。バイアスが、かかっているわけではない思う。今回はそう断言できる!何故なら、俺は平成仮面ライダーの中で『フォーゼ』が一番嫌いだからだ!(オイ)

 というわけで、『フォーゼ』のアストロスイッチの長所を導出したのでここに列記してみる。

★アストロスイッチの長所1:総数が提示されている!
 「アストロスイッチは全部で40個!」物語の序盤で、歌星賢吾はそう断言している。最初から総数を提示することで、「40個も出るなんてスゴ~イ超楽しみ!!(by チビッ子)」「40個もホントに出せんのかよ塚Pちゃんよォ~!?(by 大きいお友達)」と、子供にも大友にも興味を湧かすことができるのだ。ホロスコープスは全部で12人!」も、同じ効果が得られるわけ。「蟹座は強いんだろうか…?雑魚だったら嫌だなぁ…!」みたいにね(笑)『ドライブ』の場合は、「シフトカーは何個出るのか?」が明示されてないから、「また出んのかよ…!販促乙!」となってしまうのかもしれない。

★アストロスイッチの長所2:ナンバリングされている!
 「ナンバリングされている」というのは地味に大事だ。何故なら、「劇中で何個登場したか?」が目に見えてわかるようになるからだ。アストロスイッチなら、「10個出た!(1/4達成)」「20個出た!(1/2達成)」「30個出た!(3/4達成)」「40個出た!(100%)」みたいにね。しかも、『フォーゼ』はキリ番スイッチはステイツチェンジ用」というルーリングもあるので、「10個出た!(エレキ)」「20個出た!(ファイヤー)」「30個出た!(マグネット)」「40個出た!(コズミック)」と、強化フォーム変身によっても進捗を把握できるようになっているのだ。また、ナンバリングされているイコール、「(特別なことがない限りは)これ以上出ないよ」という、作り手からの意思表示でもある。現に、『鎧武』のロックシードも、通常のそれは「LS01~13」、エナジー~なら「ELS01~04」で打ち止めで、特殊なロックシード(カチドキ、極、ヨモツヘグリ etc…)は別の採番体系が用意されている(※マツボックリエナジーロックシードは「ELS05」だけどさ…!)『ドライブ』の場合はそれがないので、「コンプするまで何個買わんといけんのよ~!」とイライラしちゃうと思うのよねコレクター的に。

★アストロスイッチの長所3:名称がシンプルかつクール!
 これは『獣電戦隊キョウリュウジャー』の「獣電池(竜)」の時にも思ったんだけど、大森敬仁チーフP作品って、アイテム名が「造語」の場合が多いから、覚えづらいんよね。「ガブティラ/パラサガン/ステゴッチ/ザクトル/ドリケラ」と、主役級のそれならまだまだイケるが、「スティメロ/アロメラス/ビヨンスモ/オビラップー…」から段々怪しくなってくる…!大体、元ネタの "スティラコ/アロ/セイスモサウルス" や "オビラプトル" 自体がマイナーな連中だからな…!『ドライブ』のシフトカーも、「属性(タイプ)+ 車種」という和製英語になっているから、ちょっとキツい…!その点、過去三作品はいたって簡素だから、見習った方がいいよ(笑)ハンドル剣やドア銃、トレーラー砲なんかはいい感じなんだがなぁ…!
・『フォーゼ』  :ロケット、ランチャー、ドリル、レーダー、……
・『ウィザード』 :フレイム、ウォーター、ハリケーン、ランド、……
・『鎧武/ガイム』:オレンジ、バナナ、ブドウ、メロン、……

★アストロスイッチの長所4:「触りたいけど触れないもの」である!
 「押すなよ!?絶対押すなよ!?」と禁じられても、押したくなってしまうのが、スイッチなのである!それが人間のサガ!ロマンシングサガそういう点でも、『フォーゼ』のアストロスイッチは秀逸だ。この点では『ウィザード』&『鎧武』も負けてないね。「指輪」は高価故に、「果物&包丁」は危険故に、子供が大人に触れることを許されない存在だ。ところが…『ドライブ』の場合…その…あれだ…「タイヤ」って、別に襷掛けしたくなるモノじゃあないからなぁ…!や、「車」は子供の憧れだけど…!『トミカ』とか人気だし…!けど、「タイヤ」は子供も大人もときめかないからなぁ…!「触りたいけど触れないもの」じゃあなく、そもそも「触りたくないし触れなくてもいい」ものなのよねタイヤって。

 ふぅ…!こんな所かな?『フォーゼ』のMCと『ドライブ』のTKの違いは。もっとあるかもしれないな。他にも見つかったら、毎週の『ドライブ』感想とかに書きますね。

■何を交換しても、所詮タイヤはタイヤ

 あとは…画的な問題なのかなぁ…?

 例えば、『フォーゼ』の「ファイヤー/ウインチ/フラッシュ/メディカル/フリーズスイッチ」にて生成されたモジュールと、『ドライブ』の「マックスフレア/フッキングレッカー/バーニングソーラー/マッドドクター/ロードウィンター」にて交換されたタイヤだと、

★『フォーゼ』の場合
火炎放射器から炎が出る!
・巻揚機で釣り上げる!
・懐中電灯から光が出る!
・救急道具で回復する!
・冷凍庫から氷が出る!

●『ドライブ』の場合
・タイヤから炎が出る!
・タイヤで釣り上げる!
・タイヤから光が出る!
・タイヤで回復する!
・タイヤから氷が出る!

と、技の効果(結果)は同じなんだけど、「出元(でもと)」が、『フォーゼ』だと「火炎放射器/巻揚機/懐中電灯/救急道具/冷凍庫」と四十人四十色 なのに対し、『ドライブ』だと「タイヤ/タイヤ/タイヤ/タイヤ/タイヤ」と、結局「何を交換しても、所詮タイヤはタイヤ」になっちゃうのよね。

 まだまだある気がする。『ドライブ』の問題点。今回は「シフトカーとタイヤコウカン」をメインに書いたけど、別観点の記事はまた別途上げようと思います。

■追記(2015/04/12)
 「(03)「偉大な警察官だった親父」が進ノ介にはいた?」は、新情報ではありませんでした。パイロット版にて、「泊進ノ介の父親はデカだった」という旨の発言がありました。

[了]

※関連記事です。

敵の力と変身ベルトと子供の欲望 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『フォーゼ』「第31・32話」と「第43・44話」と「みんキタ」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『フォーゼ』スイッチとモジュールと子供の欲望 - 千倍王鷹虎蝗合成獣