読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『フォーゼ』スイッチとモジュールと子供の欲望

 俺は平成仮面ライダーの中で『フォーゼ』が一番嫌いだが、だからと言って貶める感想ばかり書くのはアンフェアなので、誉める記事も書く!今回は「アストロスイッチ&モジュール」について。

■「おしてみよう ポチッとな!」

 まず、キーアイテムに「スイッチ」をセレクトしたのが凄い!実際、子供の周囲にありとあらゆる種類の玩具を置いてみたところ、子供が一番長く遊んでいたのは「スイッチをON/OFFできる玩具」だったという実験結果があるみたいだしね。∞プチプチ』とか、確かに無限にプチプチしていたくなるし…!ちなみに、あの「プチプチ」って、正式名称は "気泡緩衝材" っていうらしいね。ポスターの裏側だろうがゴミ箱の底だろうが、そこにあったら押さずにはいられなくなる、魔の魅力を有しているのが「スイッチ」という存在なのだ…!バンダイのボーイズトイ事業部所属の大矢陽久氏も、スイッチは「子供が原初的に触りたくなるもの」と言っているね。以下、『フォーゼ』特写写真集からの引用。

――メダルに続くアイテムがスイッチになったのは意外でした。
大矢 社内でも反対意見がメチャメチャありました。シリーズの一区切りであった『ディケイド』の後、『W』と『オーズ/OOO』は調子良く続いたので、3年目はいよいよ外すんじゃないかとも囁かれてたんですよ。そんな中で出てきたのがスイッチで、そもそもスイッチとは何かに付随する物で、コレクションアイテムではないと言われましたからね。そう言われれば「その通りです!」としか答えようがありません。でも「もうどうにも出来ませんよ」と(笑)。自分にはスイッチが「子供が原初的に触りたくなるもの」という確信があったんです。会議中にスイッチを渡すと皆カチカチいじってましたからね(笑)。ベルトというキードライバーを不完全な状態にしておいて、スイッチの追加で色々な操作が行えるなら成立すると思っていました。
(大矢陽久『DETAIL OF HEROES 仮面ライダーフォーゼ特写写真集 青春スイッチ・オン!』より)

 自分は、仮面ライダー40周年記念にちなんで、スイッチは40個出せやぁ!」という無茶振りをしたのはバンダイの方だと思ってたんだけど、まさか塚田英明の方から「40個出すから考えてくれ!」とバンダイに強要していたとは思わなんだ(笑)以下、『フォーゼ』公式読本から、PLEX所属の小林大祐氏の発言を抜粋。

小林 塚田さんから「スイッチは40個」というお話……というより指令が先にあったんです(笑)。これはライダーの40周年記念にかけたものだと思いますが、そこで40個出すためにどうしようか?大矢と必死に考えました。で、オモチャに仕込めるギミックには仕様的な都合で限界があるので、どれだけ多くのギミックを取り入れられるか振り分けていった結果、4つのソケットになったんです。また、そこからスイッチがフォーゼの両手両足のモジュールになるという発想に繋がっていきました。
(小林大祐『仮面ライダーフォーゼ公式読本 FOURZE GRADUATION』より)

 いや~それにしても、40個のスイッチを全てテレビ版で活躍させたから、その辺は流石だよね塚田英明も。俺は『フォーゼ』の夏映画『みんなで宇宙キターッ!』は大嫌いだけど、ホロスコープス12体全員登場!」「アストロスイッチ40個全部使用!」は素直に感心したしね。40個裁ききれたのは、「身体の4箇所(右腕・右脚・左腕・左脚)に分散できた」のと、「最初から総数を提示していた(+ナンバリングされていた)」のが勝因だったのかなと。大矢陽久氏もそう述べているね。

――ファイヤースイッチなどは子供の欲求をストレートに反映させていますね。
大矢 消火器の安全ピンを抜きたくない子供はいないでしょう(笑)「いたずらするな」って言うのが酷なくらい目立ちますからね。あと透明なフタで塞がれた非常ボタンとか、そんなスイッチがあれば人間は絶対に押したくなります……と思いつつも、一方でコレクションアイテムとしての疑心はぬぐえなかったんですよ。でもそれに裏付けをくれたのが塚田さんでした。「スイッチには1から40まで番号を振りましょう。そうすれば全部を集めたくなりますからね」と。それで「行ける!」と確信しました。
(大矢陽久『DETAIL OF HEROES 仮面ライダーフォーゼ特写写真集 青春スイッチ・オン!』より)

 まぁ内容の良し悪しはともかく、『フォーゼ』が「玩具売上最高記録」を打ち出したのは賞賛すべきことだと思う。「40周年記念でライダーバブルだった」という事実を差し引いてもね。世の中には、同じく40周年記念作品だったにもかかわらず、その後テレビ放送が長期休止となってしまった『ウルトラマンメビウス』や、10周年記念作品なのにもかかわらず玩具売上を大幅に下げた『ハピネスチャージプリキュア!』という作品もあるからな…!『ハピプリ』はとりあえずブルーが糞すぎたよね。

■触りたいけど触れないもの

 仮面ライダー40周年記念のムック本に、「変身ベルトができるまで。」というコラムが載っていて、それが非常に興味深い内容だったので、ここにも載せてみる。

変身ベルトができるまで。
「今回は何がモチーフで、どんなギミックが付いてくるのか?」。これほどまでに世間が注目する玩具がほかにあるだろうか?毎年たくさんの期待が寄せられ、それに応えてきた変身ベルト。そこにはどんな想いが込められ、どのような過程を経ていくのか?石森プロ・東映バンダイが世に送り出す珠玉の物語。「ライダーベルトができるまで」。

01 キーワードは「触りたいけど触れないもの」。
子供たちにとって、大人から「触っちゃダメ!」と言われるようなもの。それが非常に魅力的なんだろうな、と発想する。
02 世の中では何が流行っているのか?
時代背景や流行は考慮に入れる。が、あまりに早すぎると、小さい子にとっては「?」なので、頃合いが大切。
03 あくまでライダーの世界観に合わせる。
玩具(今回でいうアストロスイッチ)としてもおもしろさはもちろんのこと、あくまで劇中のライダーの世界観に合わせることを念頭に置く。
04 「~したい」という衝動を大切に。
ディケイドのカード、オーズのメダルなど「集めたい」、そしてスイッチのように「触りたい」という衝動に駆られるようなものを考える。
05 みんなが夢中になってくれるものを。
単純かつ明快なものこそが、子供たち、そして多くの人を夢中にさせるものになる。

【今回お話をしてくれた人】ボーイズトイ事業部 スーパーヒーローチーム 仮面ライダー担当 チーフプロデューサー 大矢陽久さん
(『POPEYE特別編集 仮面ライダー the40th コレクション』より)

 特筆すべくはキーワードの一番目、「触りたいけど触れないもの」で、『フォーゼ』の場合は既に「スイッチ」でそれを満たしているんだけど、そこから発生する「モジュール」もまた、「触りたいけど触れないもの」で統一されているから超凄い。40個全部、順番に見ていきましょうか。

(01)【右腕】ロケット
⇒宇宙船!乗りてぇ!
(02)【右脚】ランチャー
⇒弾道弾!発射してぇ!
(03)【左脚】ドリル
⇒削岩機!天元突破してぇ!
(04)【左腕】レーダー
⇒補助装置!通信や電波探知してぇ!
(05)【右腕】マジックハンド
⇒多関節拾得器!操作してぇ!
(06)【左腕】カメラ
⇒撮影機!ビデオに収めてぇ!
(07)【左腕】パラシュート
⇒落下傘!降下してぇ!
(08)【右脚】チェーンソー
⇒鎖鋸!バラバラにしてぇ!
(09)【左脚】ホッピング
⇒跳躍撥條!飛び跳ねてぇ!
(10)【右腕】エレキ
⇒配線用差込接続器!抜き差ししてぇ!
(11)【左腕】シザース
⇒鋏!紙(髪)を切りてぇ!
(12)【右脚】ビート
⇒拡音器!鳴らしてぇ!
(13)【右腕】チェーンアレイ
⇒鎖鉄球!ぶん回し、粉砕してぇ!
(14)【右脚】スモーク
⇒発煙筒!モクモクさせてぇ!
(15)【左脚】スパイク
⇒棘付脛当!串刺しにしてぇ!
(16)【左腕】ウインチ
⇒巻揚機!釣り上げてぇ!
(17)【右腕】フラッシュ
⇒懐中電灯!照らしてぇ!
(18)【左腕】シールド
⇒盾!防ぎてぇ!
(19)【左脚】ガトリング
⇒機関砲!連射してぇ!
(20)【右腕】ファイヤー
⇒消火器の安全ピン!抜きてぇ!
(21)【右脚】ステルス
光学迷彩!透明になりてぇ!
(22)【左腕】ハンマー
⇒鉄鎚!下してぇ!
(23)【左脚】ウォーター
⇒蛇口!ひねりてぇ!
(24)【左腕】メディカル
⇒薬!病気を治してぇ!
(25)【右脚】ペン
⇒筆!書きなぐりてぇ!
(26)【左脚】ホイール
⇒電動立乗二輪車!乗りてぇ!
(27)【左脚】スクリュー
⇒潜水艦!乗りてぇ!
(28)【右脚】ハンド
⇒高性能機械腕!操作してぇ!
(29)【右腕】スコップ
⇒円匙!掘りてぇ!
(30)【右腕】Nマグネット(31)【左腕】Sマグネット
⇒磁石!くっつけてぇ!
(32)【右脚】フリーズ
⇒冷蔵庫!開けてぇ!
(33)【右腕】クロー
⇒鉤爪!引っ掻きてぇ!
(34)【左脚】ボード
⇒板切れ!滑りてぇ!
(35)【右脚】ジャイアントフット
⇒安全靴!履きてぇ!
(36)【左脚】エアロ
⇒掃除機!吸い込みてぇ!
(37)【左腕】ジャイロ
⇒回転翼!飛びてぇ!
(38)【右脚】ネット
⇒捕虫網!昆虫採集してぇ!
(39)【左脚】スタンパー
⇒印章!押してぇ!
(40)【右腕】コズミック
⇒みんなの絆で!宇宙を掴みてぇ!

 大抵が、子供が「触りたい!」と思っていても、親から「触っちゃダメ!」と禁じられるものばかりだ。大体が、以下の4つの理由に集約されるね。

理由1:危険だからダメ!(怪我してしまう、最悪死に至る)
⇒(03)ドリル、(08)チェーンソー、(09)ホッピング、(10)エレキ、(11)シザース、(13)チェーンアレイ、(15)スパイク、(16)ウインチ、(22)ハンマー、(24)メディカル、(33)クロー、(34)ボード、(35)ジャイアントフット
理由2:高価だからダメ!(壊れやすい、弁償しきれない)
⇒(06)カメラ、(12)ビート、(17)フラッシュ、(18)シールド、(30)Nマグネット、(31)Sマグネット、(32)フリーズ
理由3:面倒だからダメ!(汚れてしまう、掃除が大変)
⇒(14)スモーク、(20)ファイヤー、(23)ウォーター、(25)ペン、(29)スコップ、(36)エアロ、(38)ネット、(39)スタンパー
理由4:そもそも一般人には手が届かないから、ムリ!
⇒(01)ロケット、(02)ランチャー、(04)レーダー、(05)マジックハンド、(07)パラシュート、(19)ガトリング、(21)ステルス、(26)ホイール、(27)スクリュー、(28)ハンド、(37)ジャイロ、(40)コズミック

 しっかし、いくら40周年記念作品だったとはいえ、こんなに先行して「触りたいけど触れないもの」を使ってしまってよかったんだろうか…?後の人達が大変だと思うんだけど…!「『フォーゼ』で使われちまってるよ~!」みたいな感じでさwでも、そういう状況に追い込まれた方が、突拍子もないヘンテコな作品が出来やすくなるかもしれないな。「指輪で変身!」とか「フルーツが鎧になって変身!」とか「変身してタイヤを襷掛け!」とかね(笑)

■塚田英明の要求(欲求)

 というか、『W』や『フォーゼ』関連のインタビューを読んで思うのは、「塚田英明、予想以上に玩具屋に口出ししてるんだな…!」ということ(笑)「フォーゼドライバーに付いている、変身用の赤いトランスイッチ」も塚田英明のアイデアだったというから驚きだ。

――アストロスイッチとは別に、フォーゼドライバーには変身時に使う赤いトランスイッチがありますね。
小林 僕らはガイアメモリやオーメダルからの発想があったので、アストロスイッチの力で変身してほしかったんですが、塚田さんが「アストロスイッチはモジュールを発するもので、変身できるスイッチは別にあるべきだ」とおっしゃられて。
――機構が一つ増えるので、そこの駆け引きは大変だったかと。
小林 大矢が真っ青になりながら根負けしたところですが、今思えばわかりやすくなりましたし、よかったと思います。だから塚田さんの鶴の一声は、いい提案であるケースが多いんです(笑)。子供たちにしてみれば、操作できるスイッチは多いほうが楽しいに決まってるし、コックピット感も増したと思います。
大矢 変身シーンでアストロスイッチをパチン、クイッ、キュ、クリッって入れていくのだとスピード感がなかったかもしれません。
(小林大祐・大矢陽久『仮面ライダーフォーゼ公式読本 FOURZE GRADUATION』より)

 まさか、「バリズンソード」までもが塚田英明発案だったとは…!

バリズンソード コズミックステイツが使用する40番目の巨大剣型モジュール。ブーストモードから鞘にあたる部分が展開し、スラッシュモードに変形する。「当初は劇中で使われることが多かったロケットモジュールを商品化し、最終武器にしようと考えていましたが、塚田さんに"最終フォーム用のモジュールを"と言われて。でも諦めきれず、ロケットモジュールが割れて、そこから最終フォームの剣が出てくるものを提案したところ、"やっぱりロケット自体を新しくしたい"と言われてこの形になりました。これもNASAで見た打ち上げが発想の元になっていて、ロケットが打ち上がって不要な部分が分離し、最後に月着陸船が飛んでいくという一連のシークエンスを表現しています」(小林)。
(小林大祐『仮面ライダーフォーゼ公式読本 FOURZE GRADUATION』より)

 こういうのって普通逆なんじゃあないの?って思うんだが…!バンダイやPLEXサイドから「次、この玩具を売りたいんで、劇中で販促してくださいよ~!」ってせがまれて、「しょうがねぇな~!ったく面倒臭ぇなぁ…!」ってブツブツ言いながら本編に登場させる、みたいなさ。少なくとも、白倉伸一郎や武部直美、宇都宮孝明なんかは「しぶしぶ」派だね確実にw最終回で投げ捨てられる『555』のファイズブラスターや、最終話でぶち壊される『カブト』のパーフェクトゼクターなんかを視てると特にそう思うね!

 あと、「玩具のネーミングって誰が決めてんだ…?」というのは結構気になってたんだけど、こと『フォーゼ』に関しては塚田英明や中島かずきが名付け親になることも多かったようねwチーフプロデューサーだけでなく、メインライターが名付けることもあるんだなぁ…!

――マシンマッシグラーやバリズンソードなどの命名はどなたが?
大矢 塚田さんから「バイクはマッシグレーで良いですか?」って電話が来たんです。脚本の中島かずきさんが「弦太朗が勢いで付けちゃった感」を出したいということで。それを了承したことにより僕らにとって苦痛の日々が始まりました。デザイン打ちの後のネーミング会議がダジャレ大会になりましたからね(笑)。
西澤 武器は映画ネタ縛りでしたね。ヒーハックガンはジーン・ハックマンヒュー・ジャックマンですから。
大矢 ほとんど原形を留めてない(笑)。バリズンソードも最初はキルゼスター・ズバドーンでしたからね(笑)。ハリソン・フォードからヤリケンソードという案もあったのですが、少し弱そうなキルゼスター・ズバドーンになったんです。これでほぼ確定で商標調査までかけたのに、パッケージデザインを進めたら商品名が長過ぎる(笑)。そこで塚田さんに「バリズンで良いでしょうか」と。
 塚田さんも「やっぱり長いですよね」と言っていて(笑)。それでバリズンソードになったんです。
(大矢陽久・西澤清人『DETAIL OF HEROES 仮面ライダーフォーゼ特写写真集 青春スイッチ・オン!』より)

 キルゼスター・ズバドーン…!いいセンスだ(笑)言うまでもなく、シルヴェスター・スタローンが元ネタだね。

 『W』や『フォーゼ』の面白さは、「塚田英明の玩具への要求(欲求)」にあるのかもしれないね。なんか、塚田英明って、「見た目は大人!中身は子供!」みたいなところがあるような気がする。頭脳はちゃんと大人なんだろうけどさ(笑)

[了]

※関連記事です。

敵の力と変身ベルトと子供の欲望 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『フォーゼ』「第31・32話」と「第43・44話」と「みんキタ」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣