読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『鎧武』葵と紺碧と藍色の鎧武者

 先週の『ドライブ』感想をサボってしまったので小話を一つ。

 以前、『鎧武』の記事で「アーマードライダーは全員和風の当世具足で統一すればよかったのに!」という批判(というか愚痴)を書いたんだけど、公式完全読本『WARNING FRUIT COCKTAIL』によると、『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』に登場する仮面ライダーフィフティーンは武田信玄の鎧、『サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』に登場する仮面ライダー冠(かむろ)は豊臣秀吉の鎧がデザインモチーフになっているそうだ。こ、これは気付かなかった…!言われてみると確かにそうだな…!けど、これって「有名な戦国武将の鎧兜で十分差異化を図れる」という事実に他ならないと思うんだよな…!

 『鎧武』夏映画の若干のネタバレになるけれど、仮面ライダーカムロに変身する少年「ラピス」の正体は「シャムビシェ」というオーバーロードで、これはもう散々既出だろうけど、日本語に変換すると"紺碧"となって、藍染の胴着に鎖帷子を身に纏う葛葉紘汰と対になっている。「非暴力を訴えるだけだと淘汰されてしまう」ラピスと、「非暴力の世界を創造するためには自らが天下無双の勝者とならなければならない」紘汰の悲しみが、「みんなの笑顔を守るために暴力を振るわざるを得なかった」『クウガ』の五代雄介に通じるものがあって、それ故に『サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』は結構好きなのです。虚淵玄は言わずもがなだけど、鋼屋ジンもかーなーり仮面ライダーフリークなんですよ皆さん。だからあまり叩かないであげて…!

[了]

※関連記事です。

『鎧武』戦国時代と当世具足と武将の生き様 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『鎧武』オネエとパティシエとフランス多国籍軍人 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『鎧武』擬音と社長と禁断の果実の美酒 - 千倍王鷹虎蝗合成獣