読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千倍王鷹虎蝗合成獣

平成仮面ライダーの感想・考察サイト。衒学的で悪し様で居丈高な語り口のブログにようこそ。

『ドライブ』感想:第04話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」

仮面ライダードライブ』の感想です。以下、ネタバレ注意。

第04話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」
脚本:三条陸 
監督:柴崎貴行
*↓東映公式サイト
http://www.toei.co.jp/tv/drive/story/1204382_2223.html

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

■この男、柴崎貴行でセカンドパイロット

 武部直美は柴崎貴行をかなり重用してるよね。『特命戦隊ゴーバスターズ』のパイロット監督に抜擢したのも彼女だし。でも、『ゴーバス』が面白かったのは Mission1「特命戦隊、集結せよ!」だけで、あとはひたすらビミョ~だったな…!Mission31「宇宙刑事ギャバン」& Mission32「ギャバンとの友情タッグ!」と、『宇宙刑事ギャバン』とのコラボレーション以降、「メサイアカード編」に突入したのは、おそらく前半が不振・不評だったのだろう。自分は、Mission7「エース整備不良?!」や Mission8「マシン設計図を守れ!」みたいに、整備士やエンジニアにスポットを当てた話がけっこう好きだったんだけど、チビッ子達の受けは悪かったようだね。いや、でもMission1の柴崎演出はカッチョよかったんだよ!だから『ゴーバス』は割と期待してたんだけどなぁ…!残念な結果となってしまったね。

これとか、

f:id:sebaOOO:20141026210220j:plain

この構図がよかった!

f:id:sebaOOO:20141026210234j:plain

 『鎧武』でも、柴崎貴行回は楽しみにしてたなぁ。柴崎監督は、ライダー対怪人の殺陣で玩具のギミック、特徴を活かした演出をしてくれるからね。お気に入りは、第29話「オーバーロードの王」での「バロン VS シグルド」戦。地面からバナナ状の槍撃が突き上がり、シグルドを追い詰めていくシーンは「おぉ!」と唸らされた。この回は、バロンの「バナナアームズ状態から戦極ドライバーを外す」→「ゲネシスドライバーに付け替え、レモンエナジーアームズに変身」というスピーディな流れにも驚いたなァ。石田秀範や諸田敏は、戦闘シーンより人間ドラマを優先するきらいがあるけれど、柴崎貴行はちゃんと男心をくすぐるスタイリッシュバトルを見(魅)せてくれるから好感が持てる。更なる飛躍に期待します。

f:id:sebaOOO:20141026210345j:plain

……何の話だっけな。嗚呼、『ドライブ』の話だ。

■相変わらず三条センセは販促が上手いですね…!

 別記事に書いたんだけど、『ドライブ』の変身ツール「シフトカー」は『ポケモン』を意識していると思われる。シフトカーごとに人格があり、変身前でも一緒に戦ってくれる。

裏番組とポケモンとサポートアイテム - 千倍王鷹虎蝗合成獣

 第03話「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」の、ペイントロイミュードとの第一戦での、ドリームベガスの必殺技不発(コイン1枚)でちょっと萎えたんだけど(戦闘中にギャグを挟むのはやめてほしい…!)、「任務中に親友(ディメンションキャブ)に傷を負わせてしまった」「親友の復帰で奮起!トラウマを乗り越えて敵(かたき)を討つ」という流れで一気に好きになってしまったw(←単純)キャブ復活に喜ぶベガスが可愛らしい…!しかも、キャブは「通り抜けフープ」能力で絵画(=被害者)奪還に成功するし、トドメはベガスの必殺技(しかも+ハンドル剣!)で決めるし、「やっぱり一流だよなぁ三条さんは、虚淵はまだ足元にも及ばないよ」と何処かのオンドゥル王子も大絶賛ですよ。流石、『フォーゼ』の第08話「鉄・騎・連・携」で、大文字先輩の株価を大暴落から大高騰まで爆上げしただけあるな…!何気に、ベガスのトラウマ克服は、主人公進ノ介&ヒロイン霧子のそれとリンクしてるのね。や、ホントこういう所は上手いよ。玩具を魅力的に描く(ドラマに落とし込む)、ということに関してはピカ一だね。

 ハンドル剣…!いいセンスだ!(笑)自分は、「車が売りの仮面ライダーなのに、トライドロンがどんどん置き物になってしまうんじゃあないか」と心配だったんだけど、「車の一部が武器になる」というのはそれへのアンサーだね。あとは何だろう?バックミラーとかドアが武器になったりするのかな。あと、ハンドル剣は平成仮面ライダーシリーズの課題の一つである、「ベルトや武器は何処から出してるんだよ!」という疑問にも答えてるね。「普段は車の中にあるんです」とw『ウィザード』は「ドライバーオンやコネクトで取ってくる」と、魔法で全部片づけたけど、「車内にある」というのも凄いよね。

■11月2日の放送はお休みです。

 今回もこれだけ要説明・要販促な要素があるのに、きっちり30分に収まってるから凄いよなァ…!
(01)魔進チェイサーVSドライブ(肉弾戦)
(02)魔進チェイサーは、プロトドライブを研究して作られた。
(03)ベルトさんによる、事件の整理。
(04)主人公上げ描写(人命が最優先!)
(05)敵幹部ハートとブレンの、ペイントへの糾弾。
(06)クラッシュ(人間体)の顔見せ。
(07)容疑者、浅矢一広の取り調べ(+「俺が裁く!」)
(08)特状課のメンバー(りんな&西城究)大活躍!
(09)ドリームベガスと主人公の過去のリンク。
(10)チェイスはコアを壊さない(ドライブこそ死神)
(11)ハンドル剣のお披露目(販促)!
(12)魔進チェイサーVSドライブ(カーチェイス)
(13)霧子の勇気とトラウマ克服!
(14)ディメンションキャブの販促!
(15)ハンドル剣+ドリームベガスの販促!
(16)りんながまさかの裏切り!?引きを作って次の話へ。

 ベルトさんは、世界観・設定の解説も、状況の整理も、敵の分析も、登場人物のフォローも、新武器の開発依頼も、ありとあらゆることを一人でやってくださる超絶便利キャラだね(笑)しかも、スケジュールがタイトでも、撮影に時間が取れなくても、最悪クリス・ペプラーを呼んで最後に声当てしてもらえばいい」わけだから、番組制作にも優しい人だw『電王』も、『カブト』で役者のスケジュール調整・管理が難しかったが故に「スーツアクター×声優」を用いるようになり、結果的にそれによって続編が作り易くなったわけだけど、『ドライブ』はそれ以上に凄い。クリス・ペプラーがいれば、永遠にベルトさんの掛け合いが作れるw『キバ』ですら、CGでキバットやタツロットを作らねばならない、という足枷があるからなァ。

 来週放送無しなの!?ショック!次は諸田さんか~!再来週が待ち遠しいですな。

[了]

※関連記事です。

『ドライブ』感想:第03話「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『ドライブ』感想:第02話「仮面ライダーとはなにか」(前篇) - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『ドライブ』感想:第02話「仮面ライダーとはなにか」(後編) - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『ドライブ』感想:第01話「俺の時間はなぜ止まったのか」 - 千倍王鷹虎蝗合成獣

『仮面ライダードライブ』の第一印象 - 千倍王鷹虎蝗合成獣